Menu
(0)

Search

マーベル原作、女性ヒーローのドラマ企画がお蔵入りに ─ 『ワンダーウーマン』脚本家が参加、再始動は不明

ドラマ「エージェント・オブ・シールド」(2013-)を製作する米国のテレビ局ABCが、マーベル・コミック原作の女性ヒーロードラマ企画をお蔵入りとしたことがわかった。米Deadlineが報じている。

この企画の存在は2018年9月に報じられており、詳細は不明ながら、知名度の高くない女性ヒーローを主人公とするドラマシリーズになるとされていた。製作はABCとマーベル・テレビジョンが務める方針で、映画『ワンダーウーマン』(2017)を執筆したアラン・ハインバーグが製作総指揮・脚本に就任。マーベル・テレビジョン代表のジェフ・ローブも製作総指揮を務める予定だった。

報道によれば、ABCはこの女性ヒーロー企画について、パイロット版(第1話)の製作を見送ったとのこと。今後、ABCやマーベル・テレビジョンが企画の再開発を行うかどうかはわかっていない。なおABCは「エージェント・オブ・シールド」シーズン6を2019年夏に放送するほか、同作のシーズン7製作を決定済み。マーベル・コミックを原作とするドラマは引き続き製作していく見込みだという。

これまでABCは「エージェント・オブ・シールド」のほか、映画『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011)のペギー・カーターを主人公とするスピンオフドラマ「エージェント・カーター」(2015-2016)、そして「インヒューマンズ」(2017)を製作。しかし「エージェント・カーター」はシーズン2で終了、「インヒューマンズ」はIMAX上映を実施するなど鳴り物入りでのスタートとなったがシーズン1かぎりで打ち切りとなっている。そうした経緯や、「エージェント・オブ・シールド」が話数を短縮しながら更新を続けている状況をふまえれば、ABCが新企画の実現について慎重になっている可能性も考えられるだろう。

なお2018年8月中旬、ABCエンターテインメントのチャニング・ダンジー社長は、マーベル原作ドラマの企画が複数存在することを明らかにしていた。当時、ABCはマーベルの企画を優先的に検討しており、このたびお蔵入りとなった女性ヒーローの企画は高い優先順位にあったとされる。製作が実現しなかった理由はわかっていないほか、ほかのマーベル企画についても現状は明らかになっていない。

Source: Deadline

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly