Menu
(0)

Search

マーベル原作、女性ヒーローのドラマ企画がお蔵入りに ─ 『ワンダーウーマン』脚本家が参加、再始動は不明

ドラマ「エージェント・オブ・シールド」(2013-)を製作する米国のテレビ局ABCが、マーベル・コミック原作の女性ヒーロードラマ企画をお蔵入りとしたことがわかった。米Deadlineが報じている。

この企画の存在は2018年9月に報じられており、詳細は不明ながら、知名度の高くない女性ヒーローを主人公とするドラマシリーズになるとされていた。製作はABCとマーベル・テレビジョンが務める方針で、映画『ワンダーウーマン』(2017)を執筆したアラン・ハインバーグが製作総指揮・脚本に就任。マーベル・テレビジョン代表のジェフ・ローブも製作総指揮を務める予定だった。


報道によれば、ABCはこの女性ヒーロー企画について、パイロット版(第1話)の製作を見送ったとのこと。今後、ABCやマーベル・テレビジョンが企画の再開発を行うかどうかはわかっていない。なおABCは「エージェント・オブ・シールド」シーズン6を2019年夏に放送するほか、同作のシーズン7製作を決定済み。マーベル・コミックを原作とするドラマは引き続き製作していく見込みだという。

これまでABCは「エージェント・オブ・シールド」のほか、映画『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011)のペギー・カーターを主人公とするスピンオフドラマ「エージェント・カーター」(2015-2016)、そして「インヒューマンズ」(2017)を製作。しかし「エージェント・カーター」はシーズン2で終了、「インヒューマンズ」はIMAX上映を実施するなど鳴り物入りでのスタートとなったがシーズン1かぎりで打ち切りとなっている。そうした経緯や、「エージェント・オブ・シールド」が話数を短縮しながら更新を続けている状況をふまえれば、ABCが新企画の実現について慎重になっている可能性も考えられるだろう。

なお2018年8月中旬、ABCエンターテインメントのチャニング・ダンジー社長は、マーベル原作ドラマの企画が複数存在することを明らかにしていた。当時、ABCはマーベルの企画を優先的に検討しており、このたびお蔵入りとなった女性ヒーローの企画は高い優先順位にあったとされる。製作が実現しなかった理由はわかっていないほか、ほかのマーベル企画についても現状は明らかになっていない。

Source: Deadline

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。ビリー・アイリッシュのライブに行きたい。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly