Menu
(0)

Search

MCU初のハロウィンスペシャルが企画中、コミック「ワーウルフ・バイ・ナイト」原案との米報道

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)を手がけるマーベル・スタジオが、ラテン系スーパーヒーローを主人公とするディズニープラス(Disney+)配信のハロウィンスペシャル作品を企画していることがわかった。米The Wrapが第一報を伝えた後に、米Varietyも続いている。

詳細は定かでないが、マーベル・コミックに登場するワーウルフ・バイ・ナイトというキャラクターに基づいた作品になるという。ワーウルフ・バイ・ナイトは満月の夜になると狼男に変身してしまうキャラクターで、原作コミックでは2人存在する。

ひとりは1972年に「Marvel Spotlight #2」で初登場を飾ったジャック・ラッセル。狼人間の家系に生まれ、善行のために能力を発揮していくキャラクターだ。もうひとりは、2020年にブラック・アイド・ピーズのタブーらによって作られた「Werewolf by Night Vol 3」に登場するジェイク・ゴメス。ネイティヴ・アメリカンの子孫として、狼人間に変身してしまう能力に呪われたキャラクターという設定である。

本作に登場するのがどちらのキャラクターになるのかは定かでないが、報道によるとマーベル・スタジオが「30代のラテン系俳優のキャスティングに向けて動いている」という。2022年初頭に撮影開始とも伝えられている。配信時期は不明。

ハロウィンスペシャルという企画自体もマーベル・スタジオにとっては初の試みとなる。本企画がMCUのメインストーリーに組み込まれていくのかも現時点では分からないが、今後の続報には期待したいところ。ちなみに、MCUの新作ドラマ群にラインナップされている「ムーンナイト(原題)」に登場する主人公マーク・スペクター/ムーンナイトがコミックで初登場を飾ったのが「Werewolf By Night」シリーズだ。原作ではワーウルフとムーンナイトは対決している。今回のハロウィンスペシャルとの関係性やいかに……?

あわせて読みたい

Source: The Wrap,Variety

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Tags

Ranking

Daily

Weekly

Monthly