Menu
(0)

Search

マーベル、「ハワード・ザ・ダック」「M.O.D.O.K.」ほか新作アニメ5作品を製作へ ─ クロスオーバー前提、米Huluで

[左]Photo by big-ashb https://www.flickr.com/photos/big-ashb/37039820102/ [右]Photo by Daniel https://www.flickr.com/photos/ironhide/3403080004/ Remixed by THE RIVER

マーベル・テレビジョンと米Huluは、大人の視聴者をターゲットとした新作アニメシリーズ4作品を製作することを発表した。各シリーズの主人公となるのは、ハワード・ザ・ダックM.O.D.O.K.ヒットモンキー、そして女性ヒーローのティグラ&ダズラーの4組。それぞれコミックを中心に人気のキャラクターたちが、クロスオーバー・シリーズ「ザ・オフェンダーズ」を前提としてアニメの世界で大暴れする。

各シリーズを通して製作総指揮を担当するのは、マーベル・テレビジョン代表のジェフ・ローブ氏。強力な布陣で臨む新アニメシリーズ、いったいどうなる…?

M.O.D.O.K.

M.O.D.O.K.
Photo by Daniel https://www.flickr.com/photos/ironhide/3403080004/ Remixed by THE RIVER

M.O.D.O.K.とは、秘密結社「A.I.M.」の科学者ジョージ・タールトンが、組織の実験台となってコンピューター人間へと改造されてしまったスーパーヴィラン。巨大な頭部と小さい身体が特徴で、驚くべき知性と精神波を操って敵を攻撃する。このたび発表されたアニメ「マーベル M.O.D.O.K.(邦題未定、原題:Marvel’s M.O.D.O.K.)」では、自らの邪悪な一面や、手のかかる家族との間で葛藤する姿が描かれることになるようだ。

脚本・製作総指揮は、米国の風刺アニメ番組「American Dad!(原題)」や「コミ・カレ!!」(2009-2015)に携わったジョーダン・ブラムと、スタンダップ・コメディアン&俳優として活躍するパットン・オズワルトが務める。

ヒットモンキー

コミックに登場するヒットモンキーは、“殺し屋を殺す殺し屋”のニホンザル。かつては普通のニホンザルだったが、傷ついた殺し屋を自分の群れが保護したことでほかのサルたちと対立。しかし殺し屋を追ってきた集団に仲間を皆殺しにされると、殺し屋の格闘術を見よう見まねで学んだ能力を武器に立ちあがるという設定だ。

アニメ「マーベル ヒットモンキー(邦題未定、原題:Marvel’s Hit Monkey)」では、コミックの設定に若干の改変が加えられるとみられる。不当な扱いを受けてきたニホンザルが、アメリカ人暗殺者の幽霊による教えを受けて、東京の闇社会で成りあがっていくストーリーになるようだ。「ダークで残酷、かつ愉快な復讐譚」を執筆するのは、映画『俺たちフィギュアスケーター』(2007)やNetflixドラマ「フレークド」(2016-2017)を監督したジョシュ・ゴードン&ウィル・スペック。二人は製作総指揮も兼任する。

ティグラ&ダズラー

虎のような姿をしたティグラは、「ザ・キャット」としてコミックの世界に登場、ストリート・ヒーローとして活躍したのちにアベンジャーズにも参加する女性ヒーローだ。かたやダズラーは人気歌手という設定で、音を光へと変換する能力を持つミュータント。のちにX-MENに加わっている。

アニメ「マーベル ティグラ&ダズラー・ショー(邦題未定、原題:Marvel’s Tigra & Dazzler Show)」は、ともにヒーローであり親友同士のティグラーとダズラーが、作り話の蔓延するロサンゼルスの街を舞台に、自分たちが正しく認識されることを求めて戦う物語。脚本は『ガールズ・トリップ』(2017)や『トロールズ』(2016)、『くもりときどきミートボール2 フード・アニマル誕生の秘密』(2013)などのエリカ・リヴィノジャ、コメディアン&女優のチェルシー・ハンドラーが共同執筆。製作総指揮も兼任する。

ハワード・ザ・ダック

ハワード・ザ・ダック
『ハワード・ザ・ダック/暗黒魔王の陰謀』© Lucasfilm Ltd./Universal Pictures 写真:ゼータイメージ

別次元の惑星からフロリダへやってきたハワード・ザ・ダックは、カルト的に愛される映画『ハワード・ザ・ダック/暗黒魔王の陰謀』(1986)も製作される、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズにもカメオ登場するなど、コミックファンのみならず多くの映画ファンに認知されている人気キャラクターだ。

このたび、ついに自身の単独アニメシリーズとして製作される「マーベル ハワード・ザ・ダック(邦題未定、原題:Marvel’s Howard the Duck)」では、元の世界に戻ろうとするハワードと「手のつけどころがない」相棒の少女ビバリー、そしてハワードを揚げて食そうとするドクター・ボンの戦いが描かれるという。

脚本&製作総指揮に起用されたのは、コミック&映画ファンには“オタク代表”としても知られる、『コンビニ・ウォーズ バイトJK VS ミニナチ軍団』(2016)や『コップ・アウト 〜刑事した奴ら〜』(2010)、『ジェイ&サイレント・ボブ 帝国への逆襲』(2001)のケヴィン・スミス。声優・脚本家のデイヴ・ウィリスも共同で担当する。

クロスオーバー「ザ・オフェンダーズ」

ハワード・ザ・ダック、M.O.D.O.K.、ヒットモンキー、ティグラ&ダズラー。それぞれのシリーズで活躍を重ねる4組のヒーロー&ヴィランは、その後製作されるクロスオーバー・シリーズ「マーベル ザ・オフェンダーズ(邦題未定、原題:Marvel’s The Offenders)」で共演することも発表済みだ。

このクロスオーバーについて詳細は明かされておらず、シリーズを執筆する脚本家およびジェフ・ローブ氏以外のプロデューサーは今後発表されるとのこと。いずれにせよ4組のキャラクターは、「誰にも頼まれていないのに、チームを組まないほうがずっといいのに」世界を守るべく力を合わせることになるのだとか。ジェフ氏いわく「誰がリーダーになるのかお楽しみに」とのことである。


このたび発表されたアニメシリーズ5作品の配信時期は未定。日本での配信情報も含め、続報を楽しみにしよう。

Source: Marvel

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly