Menu
(0)

Search

「デアデビル」などマーベルドラマ6作のクールな新ポスター米公開 ─ 「アーティストがヒーローたちを再考」

https://twitter.com/Marvel/status/1542267699132354566

Netflixで製作された「Marvel デアデビル(2015‐2018)をはじめとする、マーベル・ドラマシリーズ6作品のクールな新ポスターが到着している。

Netflixでは「Marvel デアデビル」のほか、「Marvel ジェシカ・ジョーンズ」(2015-2019)「Marvel ルーク・ケイジ」(2016-2018)「Marvel アイアン・フィスト」(2017-2018)「Marvel パニッシャー」(2017-2019)、そして「Marvel ザ・ディフェンダーズ」(2017)の計6作が製作された。この6シリーズにフィーチャーされたキャラクターの権利がディズニー傘下となり、日本でも2022年6月24日よりディズニプラス(Disney+)でストリーミングが開始されたばかりだ。

そんななか、米マーベル・エンターテイメントの公式Twitterが、各6シリーズの新ポスターを公開。「デアデビル」は主人公を象徴する赤のカラーが印象的で、『ジェシカ・ジョーンズ」はニューヨークの街へ歩き去るジェシカの後ろ姿が。「ルーク・ケイジ」はパーカーのフードで顔を隠したルークとマンハッタンのスカイラインがフィーチャーされ、「アイアンフィスト」は主人公ダニー・ランドが燃える拳を合わせている。そして、「パニッシャー」は主人公フランク・キャッスルのトレードマークである骸骨が背景にあしらわれ、スーパーヒーロー4人が集結した「ディフェンダーズ」のポスターには、デアデビル、ジェシカ・ジョーンズ、ルーク・ケイジ、ダニー・ランドが揃って登場。それぞれポスターには、「アーティストがヒーローたちを再考」と説明が加えられている。

なお、Netflixのマーベル・ドラマシリーズに関しては、「デアデビル」に主演したチャーリー・コックスが『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』にカメオで姿を見せ、キングピン/ウィルソン・フィスク役のヴィンセント・ドノフリオが「ホークアイ」(2021)に出演し、MCUとのクロスオーバーが実現。「デアデビル」の新シリーズがディズニープラスにて動き出している。

あわせて読みたい

Source:Twitter

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly