Menu
(0)

Search

MCU復習シリーズ「マーベル・スタジオ:レジェンズ」Disney+で始動 ─ 「ワンダヴィジョン」ワンダ・マキシモフ&ヴィジョンから始動

https://twitter.com/MarvelStudios/status/1338846284015226881/

『アイアンマン』(2008)に始まったマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の歴史を振り返る新シリーズ、マーベル・スタジオ:レジェンズ(原題:Marvel Studios: Legends)」が2021年1月8日よりDisney+にて米国配信開始となる。

本シリーズは、来たる「ワンダヴィジョン」(2021年1月15日より配信)でMCUの「フェイズ4」が開幕を迎えるにあたり、これまで展開されてきたMCUの歴史を体系化するもの。おなじみのヒーロー&ヴィランや名シーンを振り返りながら、今後のDisney+で展開されるドラマシリーズの基礎固めを行う内容となる。

第1話・第2話は、「ワンダヴィジョン」の主人公であるスカーレット・ウィッチ/ワンダ・マキシモフ(演:エリザベス・オルセン)とヴィジョン(演:ポール・ベタニー)。ワンダの持つすさまじい能力や人物としての変遷、彼女が向き合ってきた苦難と喪失が掘り下げられるほか、人工知能として生まれたヴィジョンが人間たちと築いた関係性、ワンダとの恋、そして『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)で壮絶な最期を遂げるまでの旅路が語られる。二人の物語はいかに絡み合い、そして「ワンダヴィジョン」へと繋がるのか。

ワンダ&ヴィジョンののち、「マーベル・スタジオ:レジェンズ」に登場するキャラクターのラインナップは不明。ただしDisney+で展開するドラマとリンクする内容になるのであれば、ファルコン/サム・ウィルソンやウィンター・ソルジャー/バッキー・バーンズ、ロキ、ホークアイ/クリント・バートンらが順次登場することになりそうだ。新エピソードの配信ペースや日本国内での配信情報など、続報の到着が待たれる。

「マーベル・スタジオ:レジェンズ(原題:Marvel Studios: Legends)」は2021年1月8日よりDisney+にて米国配信開始。

Source: Marvel

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モーリタニアン 黒塗りの記録

【レビュー】『モーリタニアン 黒塗りの記録』シリアスと娯楽性のバランス ─ カンバーバッチも自ら出演志願した理由とは

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

Ranking

Daily

Weekly

Monthly