Menu
(0)

Search

『アラジン』実写版ジャファー役マーワン・ケンザリ、続編出演に意欲「準備できてます」

アラジン
(C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

ディズニーによる名作アニメの実写映画版アラジン(2019)の続編企画が進行中だ。このたび、前作で悪役ジャファーを演じたマーワン・ケンザリは、米ComicBook.comにて復帰への意志を端的に語っている。

『アラジン』のジャファーといえば、舞台となるアグラバーの国務大臣であり、魔法のランプによる国の支配、他国への進出を目論む男。ディズニー・ヴィランズの中でも人気が高いことで知られ、アニメ版の続編『アラジン ジャファーの逆襲』(1994)では、主人公アラジンと並ぶタイトルロールにさえなっている。

この投稿をInstagramで見る

Marwan Kenzari(@marwankenzari)がシェアした投稿

今回、マーワンは「続編の話がありますが、『ジャファーの逆襲』やりたいですか?」との問いかけに「続編をやらせてもらえるなら、とてもうれしい」と応答した。「偉い人たち次第ですが、僕は準備できてます」。もしも登場してくれるなら、ディズニー・ヴィランならではの魅力と愛らしさを再び見せつけてくれるに違いない。

しかしながら、実写版『アラジン』の続編映画が『ジャファーの逆襲』実写化となる可能性は低そうだ。2020年2月の報道によると、続編は過去のアニメ作品に基づくものではなく、独自の展開になるというのである。ちなみにウィル・スミスやメナ・マスード、ナオミ・スコットら、前作のキャストには脚本の完成後に出演オファーが出されるとのこと。さて、ジャファーの出番はあるか…?

あわせて読みたい

Source: ComicBook.com

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly