Menu
(0)

Search

『ワイルド・スピード』監督と『バッドボーイズ』脚本家がタッグ、装甲機動隊 vs 犯罪組織の戦い描く ─ ハズブロ玩具「M.A.S.K.」実写映画版

M.A.S.K.
Photo by Richard Lewis https://www.flickr.com/photos/stoic1/2740976573/ Remixed by THE RIVER

ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017)『メン・イン・ブラック:インターナショナル』(2019)のF・ゲイリー・グレイが監督・製作を務める、米ハズブロの玩具M.A.S.K.の実写映画版(タイトル未定)の脚本家に、『バッドボーイズ フォー・ライフ』の新鋭クリス・ブレムナーが就任した。米The Hollywood Reporterが報じている。

「イリュージョンこそが究極の武器」がキャッチフレーズの「M.A.S.K.」は、1985年から1988年にかけて米国で発売された玩具で、多彩なキャラクターや乗り物といった商品展開で人気を獲得。米国内では、1985年から1986年まで同名アニメシリーズも放送されていた。装甲機動隊M.A.S.K.(Mobile Armored Strike Kommand)による、犯罪組織V.E.N.O.M. (Vicious Evil Network of Mayhem)の取り締まりを描くという物語で、部分的には『G.Iジョー』や『トランスフォーマー』の影響を受けているとのこと。

『ワイルド・スピード ICE BREAK』で、凍てつく氷の大地にて大迫力のアクションを見せつけたグレイ監督と、人気キャラクターを深く掘り下げつつ絶妙なコメディ要素を取り入れた脚本で、大ヒットアクションシリーズ『バッドボーイズ』を現代に見事蘇らせたブレムナー。2人のタッグによって、大スケールかつ緻密な物語が展開されることに期待したい。

製作はグレイ監督率いる製作会社Fenix Studiosと、ハスブロの製作部門Allspark Pictures。グレイ監督は本作のほか、オープンワールド系クライムアクションゲーム『セインツロウ』の映画化企画を進行中。ブレムナーが脚本を執筆した『バッドボーイズ フォー・ライフ』は驚異的な大ヒットを記録し、ソニー・ピクチャーズR指定作品史上最高のオープニング記録を達成した。なお、2020年1月にはニコラス・ケイジ主演のアクション・アドベンチャー『ナショナル・トレジャー』シリーズの第3作にも就任したことが報じられている。

『バッドボーイズ』第4作も進行中

Source: The Hollywood Reporter

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly