Menu
(0)

Search

デンゼル・ワシントンとラミ・マレックがタッグ、連続殺人鬼ジャレッド・レト追うスリラー映画の米公開日が決定

Denzel Washington Photo by Aktiv I Oslo.no https://www.flickr.com/photos/aktivioslo/5250986287

『イコライザー』シリーズのデンゼル・ワシントンと『ボヘミアン・ラプソディ』(2018)のラミ・マレックが共演するスリラー映画『The Little Things(原題)』が、2021年1月29日に米国公開されることがわかった。米Deadlineが報じている。

本作はカリフォルニア州カーン群を舞台に、保安官ディーク(デンゼル)とロサンゼルス市警の頭脳派刑事バクスター(ラミ)がタッグを組んで、連続殺人鬼を追う物語。ディークは「ささいなこと(little things)」に鼻がきき、事件の手がかりを巧みに集めるが、捜査のためなら規則を破ることも厭わず、バクスターは苛立ちを覚えていく。ところが、ディークには暗い過去が…。連続殺人鬼役を、『スーサイド・スクワッド』(2016)ジョーカー役のジャレッド・レトが演じる。

脚本・監督は『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』(2017)『ザ・テキサス・レンジャーズ』(2019)のジョン・リー・ハンコック。プロデューサーには「ブレイキング・バッド」(2008-2013)「ベター・コール・ソウル」(2015-)のマーク・ジョンソンが就任している。

現時点で本作の同日公開が予定されているのは、パラマウント・ピクチャーズ製作による怪獣プロレスアニメ映画『ランブル(原題:Rumble)』。同作のメインキャラクターとなるサメとタコのハイブリッド怪獣テンタキュラーの声は、『エクスペンダブルズ』シリーズや『デッドプール2』(2018)のテリー・クルーズが起用されている。

Source:Deadline

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly