Menu
(0)

Search

『マトリックス4』に「アイアン・フィスト」ジェシカ・ヘンウィックが主要キャストで出演交渉中

ジェシカ・ヘンウィック
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/35380692693/ Remixed by THE RIVER

キアヌ・リーブス主演、伝説のSFアクションシリーズ最新作『マトリックス4(原題:Matrix 4)』に、Netflixドラマ「Marvel アイアン・フィスト」(2017-2018)でヒロインのコリーン・ウィング役を演じたジェシカ・ヘンウィックが出演交渉中であることがわかった。米Deadlineなどが報じている。

報道によると、現在ジェシカは出演交渉の最終段階にあるとのこと。前3部作の脚本・監督を手がけた一人で、本作にも続投するラナ・ウォシャウスキー監督(元ラリー・ウォシャウスキー)は、キアヌ・リーブスが演じたネオのような女性キャラクターを物語の中心に置く計画だといい、出演者オーディションにおいて、ジェシカは非常に秀でた演技を見せたという。


『マトリックス4』には、前3部作よりトーマス・アンダーソン/ネオ役のキアヌ・リーブス、トリニティ役のキャリー=アン・モスが続投。ナイオビ役のジェイダ・ピンケット=スミスも復帰に向けて出演交渉に入ったという。また、新キャストには、“ヤング・モーフィアス”役との噂もある『アクアマン』(2018)のヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世、そして『ゴーン・ガール』(2014)のニール・パトリック・ハリスの名前が報じられている。ここにきて、新キャスト情報がぞくぞくと到着している状況だ。

シンガポール系中国人の母親、ザンビア系イギリス人の父親をもつジェシカは、イギリスのテレビドラマにおいて、東アジアにルーツを持つ俳優として初めて「Spirit Warriors(原題)」(2009-2010)で主役を務めた経歴の持ち主。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)でXウィング・パイロットのジェシカ・パヴァ役を演じたほか、「ゲーム・オブ・スローンズ」ナイメリア・サンド役を務め、「アイアン・フィスト」に抜擢された。Netflix製作のマーベルドラマでは、「Marvel ザ・ディフェンダーズ」(2017)「Marvel ルーク・ケイジ」シーズン2(2018)にも登場している。

現在、ジェシカはハリウッドでの注目度を急速に高めており、今後は『ゴジラ vs キングコング(原題:Godzilla vs Kong)』をはじめ、ディラン・オブライエン&マイケル・ルーカー主演の終末コメディ『Monster Problems(原題)』、クリステン・スチュワート主演のSFアクション『Underwater(原題)』、ソフィア・コッポラ監督とビル・マーレイの再タッグによる『On the Rocks(原題)』といった話題作が多数待機中。このフィルモグラフィに『マトリックス4』が並ぶとくれば、もはや2020年代のトップ女優の一人として語られるのも時間の問題だろう。

映画『マトリックス4(原題:Matrix 4)』は2020年初頭より撮影予定。脚本はラナ監督と『クラウド アトラス』(2012)原作者のデイヴィッド・ミッチェル、作家のアレクサンダル・ヘモンが共同執筆した。

あわせて読みたい

Sources: Deadline, Variety

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。ビリー・アイリッシュのライブに行きたい。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly