Menu
(0)

Search

『マトリックス』第4作は奇妙で野心的な映画 ─ テスト試写参加者「賛否両論となるでしょう」

マトリックス リローデッド
© Warner Bros. 写真:ゼータ イメージ

キアヌ・リーブス主演、SFアクションマトリックス』シリーズ第4作の米国公開(2021年12月22日に米国公開)まで残すところ半年に迫る中、どうやらテスト試写が実施されたようだ。

『マトリックス レボリューションズ』(2003)から18年の時を経て製作された最新作。ネオふんするキアヌ・リーブスや、トリニティふんするキャリー=アン・モスらオリジナルキャストと、ラナ・ウォシャウスキーが監督・脚本家として復帰する。マシンと人類の壮絶な戦いの末、ネオとトリニティは前作で命を落としてしまった。続編での登場の仕方に注目が集める。

ネオとトリニティの再登場の仕方をはじめ、早くも高い注目を集める本作の物語については不明だが、どうやら試写に参加したデヴィッド・マニングによると、「奇妙で、メタ的で、夢中にさせられて、驚くほどに面白くて、どこまでも野心的」だという。さらに、ラナ・ウォシャウスキーの過去作に敬意を表しながら、本作が『ジュピター』(2015)的ではなく、『クラウド アトラス』(2012)的であるとも説明した。もっともデヴィッドは、「好きな人にとってはとにかくたまらない作品となる」としながらも、「評判は賛否両論となると思います」とも付け加えている。

なお本作のタイトルは依然として正式発表されていないが、デヴィッドは上映時に『Matrix Resurrections』と表示されていたと報告している。Resurrectionは復活を意味する言葉。ネオとトリニティが何らかの形で復活するとなれば、それを表現する上でこれ以上なく相応しい言葉と言えるだろう。とはいえ、このタイトルは以前ワーナー・ブラザースから否定されていたため、もしかしたらワーキング・タイトル、もしくは仮題なのかもしれない。

映画『マトリックス4(原題:Matrix 4)』は2021年12月22日に米国公開予定。

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly