Menu
(0)

Search

マット・デイモン、『バットマン』ロビン役を演じる可能性あった ─ オーディション時を振り返る

マット・デイモン
Photo by NASA/Bill Ingalls https://commons.wikimedia.org/wiki/File:%27The_Martian%27_World_Premiere_(NHQ201509110004).jpg Remixed by THE RIVER

『オーシャンズ』『ボーン』シリーズをはじめ、『オデッセイ』(2015)『フォードvsフェラーリ』(2019)など数多くの傑作映画に出演を重ねてきた俳優、マット・デイモン。そんなハリウッドを代表する俳優は若手時代に、バットマンの相棒、ロビン役を演じる可能性が過去に二回もあったのだという。

1988年に俳優として映画デビューしたマット・デイモンは、このたびポッドキャスト「Happy Sad Confused」にて、ティム・バートンによる『バットマン』(1989)のオーディションに参加していたことを打ち明けた。「ロビン役を受けるために、ニューヨークに行ったことがあるんです。それはたしか1987年か1988年のときのことで、僕が16・17歳の頃でした」。

この『バットマン』にロビンは最終的に登場していない。ロビン登場案は脚本の初期段階以降に削除されたとのことで、その初稿は本人さえも読んだことがないのだという。「『バットマン』のシーンを読んでいるのではなく、まるでほかの映画の別の場面を読み上げているかのような秘密めいたものだったんです」。内容を伏せられた上で、オーディションが行われたともなれば、『バットマン』のオーディションだったことはデイモンも後日知ったということなのかもしれない。

そしてもう一度訪れたチャンスは、ジョエル・シュマッカーがメガホンをとった『バットマン フォーエヴァー』(1995)のスクリーンテストでのこと。デイモンは、このスクリーンテストを受けた際には、「クリス・オドネルがすでにこの役を獲得していた」と当時を振り返っている。もっともオドネルとスタジオは当時、ギャラの交渉で難航していたため、「スクリーンテストにほかの役者をふたりほど呼んでいたみたいです」という。言うなれば、ロビン役として最後の三番目まで残っていたというわけだ。デイモンがロビン役を演じることはなかったが、仕事仲間であり親友である、ベン・アフレックはバットマン役を『ザ・フラッシュ(原題)』で再演することが決定している。ふたりがいつの日か共闘する姿を見てみたいものだ。

Source: Happy Sad Confused , Collider

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly