Menu
(0)

Search

ベネディクト・カンバーバッチ『モーリタニアン 黒塗りの記録』予告編 ─ 9・11から20年、アメリカ現代史の闇に迫る

モーリタニアン 黒塗りの記録
© 2020 EROS INTERNATIONAL, PLC. ALL RIGHTS RESERVED.

ベネディクト・カンバーバッチジョディ・フォスター共演、ゴールデングローブ賞にて俳優部門2部門で候補入りを果たした『モーリタニアン 黒塗りの記録』より、予告編・場面写真が公開された。

2005年、弁護士のナンシー・ホランダー(ジョディ・フォスター)は、アフリカ・モーリタニア出身のモハメドゥ・スラヒ(タハール・ラヒム)の弁護を引き受ける。9・11同時多発テロの首謀者のひとりとして拘束されたが、裁判は一度も開かれていなかった。キューバのグアンタナモ収容所で地獄のような生活を何年も送るスラヒについて、ナンシーは「不当な拘禁」だとアメリカ合衆国を訴える。

時を同じくして、テロへの“正義の鉄槌”を望む政府から、米軍に対してモハメドゥを死刑判決に処せとの命が下り、スチュアート中佐(ベネディクト・カンバーバッチ)が起訴を担当する。真相を明らかにして闘うべく、両サイドから綿密な調査が始まった。モハメドゥから届く手紙による“証言”の予測不能な展開に引き込まれていくナンシー。ところが、再三の開示請求でようやく政府から届いた機密書類には、愕然とする供述が記されていた……。

公開された予告編は、ナンシーと助手のテリーが、モハメドゥが収監されているグアンタナモ収容所を訪ねる場面から始まる。無実を訴えるモハメドゥの代理人になるナンシーだったが、米政府は“モハメドゥを必ず死刑に”とスチュアート中佐に厳命した。政府から与えられた資料は多くが黒く塗りつぶされ、まったく真相が掴めない。政府が証拠の提示を拒んでいると疑ったナンシーの助言により、モハメドゥはアメリカを訴える。一方、ステュアートも自分の知らないところで陰謀が動いていることに困惑する。そこに隠された真実とは、そして<暴かれたアメリカの闇>とは? アメリカ同時多発テロから20年、現代史の闇に隠れた真相がいま明らかになろうとしていた。

原作はモハメドゥ・ウルド・スラヒの手記『グアンタナモ収容所 地獄からの手記』。監督は『ラストキング・オブ・スコットランド』(2006)などのケヴィン・マクドナルドが務めた。

映画『モーリタニアン 黒塗りの記録』は2021年10月29日(金)全国ロードショー。

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly