『メイズ・ランナー:最期の迷宮』予告編公開!人気シリーズ堂々の完結、6月ロードショー

映画『メイズ・ランナー』シリーズの完結編が、邦題『メイズ・ランナー:最期の迷宮』として2018年6月に公開される。このたび、その予告映像が到着した。

『メイズ・ランナー』は、全世界で興行収入6億6,000万ドルを記録した、サバイバル・アクション映画の大ヒットシリーズ。2014年製作の第1弾ではティーン・エイジャーたちの前に謎の巨大迷路が立ちはだかり、つづく2015年製作の第2弾では荒廃した砂漠の廃墟が登場。では、シリーズの完結編にして待望の第3弾で彼らが挑むものとは……?

『メイズ・ランナー』シリーズ、堂々の完結

誰が、何の目的で? なぜ、若者たちは巨大な謎の迷路に送り込まれたのか。
廃墟と化した砂漠巨大迷路から脱出するため、3年もの歳月を費やした主人公トーマスとその仲間たち。だが、謎は深まる一方だった。囚われてしまった仲間ミンホを救うため、自分たちが閉じ込められた理由を解明するため、彼らは難攻不落の伝説の迷路に逆侵入することを決断。そう、これこそが“最期にして最大のミッション”なのだ。

「トーマス、友達たちだけでなく私たち全員を救えるわ」。謎の組織WCKDのメンバー、エヴァの言葉は何を意味しているのか。そして、人類滅亡の危機を救う“治療法”とは一体何なのか? 彼らが謎を解かなければ、この世界は終わってしまう。挑戦しなければ、生き延びることはできない……。

シリーズ堂々の完結編となる本作を手がけるのは、過去2作品でメガホンを取り、『メイズ・ランナー』のすべてを知り尽くしたウェス・ボール監督。主人公トーマス役のディラン・オブライエン、『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』(2017)に大抜擢されたカヤ・スコデラーリオのほか、メイズの秘密を握る女性エヴァ役として名優パトリシア・クラークソンらが続投する。さらに前作より出演するローサ・サラザールは、日本の漫画『銃夢』をハリウッドが実写化した『アリタ:バトル・エンジェル(原題:Alita: Battle Angel)』でヒロインに起用された注目女優だ。その演技をぜひ本作でも確かめることにしよう。

 

映画『メイズ・ランナー:最期の迷宮』は2018年6月全国ロードショー

(文:Takatoshi Inagaki)

© TM and © 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation.  All Rights Reserved.  Not for sale or duplication.

About the author

THE RIVER編集部が選りすぐりの情報をお届けします。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。