リブート版『ファンタスティック・フォー』俳優、『ブラックパンサー』悪役は「再挑戦」 ― アメコミ映画へのリベンジ語る

映画『クリード チャンプを継ぐ男』(2015)で一躍注目された俳優マイケル・B・ジョーダンは、同年、リブート版『ファンタスティック・フォー』(2015)にてヒューマン・トーチ役を演じた人物だった。マーベルの人気コミックを原作としながら、非常に厳しい評価を受けた同作は、現在に至るまで失敗作として語られることも少なくない。

2018年、マイケルは映画『ブラックパンサー』で3年ぶりのアメコミ映画に挑む。彼が本作で演じるのは、ワカンダ王国への恨みを抱く青年エリック・キルモンガー。ヒーローのヒューマン・トーチ役から一転、ヴィランとしてマーベル・シネマティック・ユニバースに参戦した彼は、その“リベンジ”をどう捉えていたのか?米Comicbook.comに語っている。

気心知れたメンバーとの再タッグ、「ためらいはなかった」

ファンタスティック・フォー

一番右がマイケル・B・ジョーダン
© 2015 MARVEL


リブート版『ファンタスティック・フォー』の公開当時、ファンからの批判は、マイケルをはじめとした出演者というよりも、監督を務めたジョシュ・トランクおよび作品全体へと注がれた。その後、『ブラックパンサー』へのオファーがあったことをマイケルはこう振り返っている。

試合の後半戦が与えられたんだと思いました。とにかく自然な流れでしたからね。」

いうなれば、リブート版『ファンタスティック・フォー』は厳しい戦いを強いられた前半戦だったということだろうか。しかも『ブラックパンサー』を手がけることになっていたのは、自身の主演作『フルートベール駅で』(2013)、そして『クリード チャンプを継ぐ男』を手がけたライアン・クーグラーだった。しかもマイケルは、ライアンから『ブラックパンサー』の話を聞いていたようなのである。

「僕とライアンは毎日のように喋っていたんですよ。まだ(『ブラックパンサー』が)正式に決まっていない頃から、僕はその一部だったんです。」

また『ブラックパンサー』には、『フルートベール駅で』でマイケル&ライアン監督とタッグを組んだ撮影監督のレイチェル・モリソンも参加している。『マッドバウンド 哀しき友情』(2017)で第90回アカデミー賞に女性撮影監督として初めてノミネートされた才能が、本作ではその力を存分に発揮しているわけだ。

 

「僕はギークなんです、この世界(マーベル・コミック)が大好きなんですよ。こんな最高の場所で演技ができることが本当にうれしいし、(『ブラックパンサー』は)成功するための再挑戦、もう一度やり直す機会だと思っています。ライアンや製作チームとも一緒だし、本当にやりやすいんですよ。こういうリスクを背負うのにふさわしかったので、ためらいはありませんでしたね。」

気心知れたスタッフとの再タッグ、ヒーローではなくヴィランを演じる本作で、俳優マイケル・B・ジョーダンによる“アメコミ映画の後半戦”が始まる。

映画『ブラックパンサー』は2018年3月1日より全国ロードショー

Source: http://comicbook.com/marvel/2018/01/24/black-panther-michael-b-jordan-second-chance-comic-book-movie/

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。