Menu
(0)

Search

『ダイ・ハード』次回作、再びR指定で製作か ─ プロデューサーが前向きな姿勢示す

ブルース・ウィリス
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/28769112077/

ブルース・ウィリス主演、人気アクション映画『ダイ・ハード』シリーズの第6作『マクレーン(邦題未定、原題:McClane)』は、再びR指定作品として製作されることになりそうだ。プロデューサーのロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ氏が前向きな姿勢を示している。

『マクレーン』では、ウィリスが演じてきた“最も不運で不死身の男”ジョン・マクレーンを主人公に、1970年代を生きる20代のマクレーンと、現在60代となったマクレーンの物語が同時に描かれるとのこと。脚本は『ダイ・ハード4.0』(2007)を手がけたレン・ワイズマンが担当する(監督への就任は不明)。

実は、ワイズマンによる『ダイ・ハード4.0』は、シリーズで唯一PG指定(編注:保護者の同伴を推奨するレーティング)となった作品だ。その他の作品は、登場人物の言葉遣いやアクション表現によってR指定となっている。それゆえ、一連の表現が抑制された『ダイ・ハード4.0』を好意的に捉えていないファンは少なくなかった。同作ではマクレーンの決め台詞「イピカイエ、くそったれ(Yippee-ki-yay, motherfucker)」すらも銃声にかき消されたのである。

こうした経緯があるために、ワイズマンが再登板する『マクレーン』が再びPG指定となるのか、あるいは“シリーズの伝統”たるR指定を継続するのかはファンにとって大きなポイントだ。このたび米/Filmのインタビューで、ボナヴェンチュラ氏はR指定継続の希望を示した。

「R指定になることを望みます。その件には関わっていませんが、(R指定を)好むかといえば、“もちろん”ですよ。」

この言葉からは、ボナヴェンチュラ氏が『マクレーン』のレーティングに関与しない立場であることが明かされている。ただしプロデューサーのトップというべき人物がR指定を望んだことは、作品に大きな影響として表れる可能性があるだろう。

なお『マクレーン』で描かれる1970年代のシーンには、若きジョン・マクレーンと妻のホリーが登場することが判明済み。ボナヴェンチュラ氏は、ワイズマンから聞かされたホリーのアイデアには特に驚かされたと語り、さらなる登場人物が姿を見せる可能性も示唆している。

「『マクレーン』では(『ダイ・ハード』)シリーズが始まる以前の物語を知ることになります。ですから、以前から知っているかもしれないキャラクターが出てくることになりますね。」

映画『マクレーン(邦題未定、原題:McClane)』の撮影・公開時期は未定。

Source: /Film

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly