Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ』マーベル・スタジオ、オンライン版コミコンの参加見送りか

『アベンジャーズ』シリーズなどのマーベル・シネマティック・ユニバース作品を手がける米マーベル・スタジオが、2020年7月22~26日(米国時間)に開催される「サンディエゴ・コミコン」のオンライン版「Comic-Con@Home」への参加を見送る可能性が高まってきた。

「Comic-Con@Home」は、新型コロナウイルスの影響により、“ポップカルチャーの祭典”サンディエゴ・コミコンの実開催が中止となったことで企画された、史上初のオンライン版イベント。各社はラインナップを随時発表しており、マーベルと同じくディズニー傘下のサーチライト・ピクチャーズは、ギレルモ・デル・トロ製作のホラー映画『Antlers(原題)』での参加を決定。その一方、米Deadline「マーベル(・スタジオ)は傍観の立場を取る」と記した。

この報道に先がけて、マーベル・スタジオを擁するマーベル・エンターテインメントは「Comic-Con@Home」の出展ラインナップを正式に発表。Disney+で配信されるドキュメンタリーシリーズ「Marvel’s 616(原題)」、アニメやレゴ作品を扱うYouTubeチャンネル「Marvel HQ」の出張版、コミックのライター&アーティストと編集者たちが今後の作品や展開を語る「Marvel Comics: Next Big Thing」の登場が予定されているが、映画・ドラマ部門であるマーベル・スタジオはそこに名を連ねていない。

しかしながらマーベル・スタジオは、『ブラック・ウィドウ』や『エターナルズ(原題)』などの映画作品、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ワンダヴィジョン」「ロキ」(すべて原題)といったDisney+でのドラマシリーズと、あまたの作品群を控えている。コロナ禍にあって先行きは不透明ながら、夏のお約束であるコミコンでの情報解禁に期待していたファンも多いはず。さて、いったいどうなることか。

ちなみにDCコミックスは、コミック・映画・テレビなど多岐にまたがる大型バーチャルイベント「DCファンドーム」を日本時間2020年8月23日(日)午前2時より開催する。

あわせて読みたい

Sources: Deadline, Marvel

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly