Menu
(0)

Search

『MEG ザ・モンスター』ジェイソン・ステイサム&監督、本当はR指定で作りたかった ― 「血みどろにできなくて残念」

MEG ザ・モンスター
©2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., GRAVITY PICTURES FILM PRODUCTION COMPANY, AND APELLES ENTERTAINMENT, INC.

2018年9月7日(金)に公開されるや、日本でも週末映画ランキングの首位を獲得した映画MEG ザ・モンスター。久々に全国公開される“サメ映画”にして、漢ジェイソン・ステイサムと超巨大ザメ「メガロドン」の対決という組み合わせが幅広い層から注目を集めている、この夏を締めくくるアトラクション・ムービーだ。

ところがこの映画、主演のジェイソン・ステイサム&ジョン・タートルトーブ監督にはある心残りがあるらしい。それは“スタジオ側の意向でR指定にできなかった”ということだ。米国公開当時、二人はインタビューでその胸中を語っている。

MEG ザ・モンスター
©2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., GRAVITY PICTURES FILM PRODUCTION COMPANY, AND APELLES ENTERTAINMENT, INC.

「血みどろにできなくて残念」

『MEG ザ・モンスター』は、ワーナー・ブラザースほか製作会社が「老若男女観られるサメ映画」を目指した作品だ。PG-13指定(13歳未満が鑑賞する場合には保護者の注意や指導が望ましいとされる)に収まるよう、タートルトーブ監督は「ギリギリを狙った」という。米Bloody Disgustingにて、監督は「おかしな話ですけど、レーティングを判断する人たちは人間の首ほどクジラの肉塊は気にしないんですよね」と話しているのだ。

この映画をもっと血みどろに、気持ち悪くできなかったのがとても残念です。僕も妻も、子どもたちが映画を観られるのはうれしいんですよ。ただし、すごく怖い、気持ち悪い、血みどろの死を用意していたのに、それはできなかった。そのことは悲しいですね。すごく良い場面もあったんですが、完成版には残らなくて。」

実際のところ、撮影現場ではグロテスクなシーンが撮影され、さらにCG処理も進められていたという。しかしPG-13指定を守るため、泣く泣くその手のシーンはカットすることになったそうだ。完成版について、監督は「血が好きじゃない人や14歳より小さい子どもでも映画館に行けるほど楽しい映画になりました」と強調する。

「血やグロテスクな部分をカットするのはためらいましたよ。それでもストーリーが台無しになるならカットしなかったんでしょうけど、(カットしても)問題なかったですからね。」

なおタートルトーブ監督いわく、削除したシーンの中には「ある人物が生きているかと思いきや、頭しか残っていないことがわかる」という場面があったそう。ちなみに米CinemaBlendのインタビューでも、監督は「もっとグロテスクに、でも愉快に人が死ぬ映画になるはずだったんですよ。映画の中で人が死ぬのは楽しいですからね」と発言している。よほど心残りだったのか…。

MEG ザ・モンスター
© 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., GRAVITY PICTURES FILM PRODUCTION COMPANY, AND APELLES ENTERTAINMENT, INC.

ジェイソン・ステイサムも「血みどろなのが好きなので」

Colliderでは、主演のジェイソン・ステイサムによって、本作の脚本が大きく変更されていったことが明かされている。本編冒頭のシーンもステイサムが最初に読んだ脚本には存在しなかったとあって、映画は制作の中で形をどんどん変えていったのだろう。その変貌ぶりはステイサムも戸惑うほどだったようで、おそらくグロテスクなシーンもそうした過程で削除されたとみられる。

「ジョン(・タートルトーブ監督)は、楽しい、夏の終わりの映画にしようとしていました。ユーモアがたくさんあってね。僕はもっと血みどろなのが好きなので、ちょっと方向性は違ったんですけど。僕のアイデアだと、多くの人が観たいとは思わない映画になっていたかもしれませんね。僕は映画監督じゃなくて、役を演じる俳優なので、何がどうなりうるとか、自分自身のアイデアにはこだわりすぎないようにしています。[中略]それでも“血はどこだ!”とは思いますけどね。」

ちなみにタートルトーブ監督は、同じく米Colliderのインタビューにて、未公開シーンをブルーレイ&DVDに収録するつもりはないことを語っている。理由は「削除したシーンは削除したシーンだから」で、それに足る理由があるからだとか。そもそも監督はBloody Disgustingにて、未公開シーンをソフトに収録するという“お約束”にも懐疑的な意見を語っているのである。

「現在の“完全版DVD”が抱えている問題は、(製作側が)たくさんのシーンを簡単に撮影して、簡単に編集室でカットすることに慣れきっていることです。シーンをVFXで仕上げるには数百万ドルかかるんですよ。ただ特典映像に収録するためだけに数百万ドルかける人なんていないでしょう。」

映画『MEG ザ・モンスター』は、2018年9月7日(金)より全国ロードショー。「ギリギリを攻めた」完成版のエンタメ路線が好きな人も、もっと過激なサメ映画が観たかった人も、まずは大ヒットを祝福しよう…!

『MEG ザ・モンスター』公式サイト:https://warnerbros.co.jp/movie/megthemonster/

Sources: Bloody Disgusting, Collider(1, 2), CB

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly