Menu
(0)

Search

【ネタバレ】『アントマン&ワスプ』ルイスのシーン、キャプテン・アメリカを登場させる計画があった

アントマン&ワスプ
(C)Marvel Studios 2018

マーベル・シネマティック・ユニバースの第20作、映画『アントマン&ワスプ』(2018)は、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)につづく作品とは思えないほど軽快な、そして心温まるアクション・コメディだ。前作『アントマン』(2015)の路線を継承した本作には、ユニバースの他作品に対する目配せもそれほど多くはない。

しかしペイトン・リード監督によれば、脚本の執筆段階では、本作にキャプテン・アメリカを登場させることが検討されていたという。英Radio Timesにて、ペイトン監督は計画の経緯を語ってくれている。

注意

この記事には、映画『アントマン&ワスプ』のネタバレが含まれています。

アントマン&ワスプ
(C)Marvel Studios 2018

―――

――

“ルイスのシーン”キャプテン・アメリカ登場計画とは

ペイトン監督が明かしたのは、キャプテン・アメリカを“ルイスのシーン”に登場させる計画だ。物語の中盤、ルイスは闇の商人ソニー・バーチと対面する。ソニーは自白剤をルイスに打ち、スコット・ラングらの居場所を聞き出そうとするのだが、そこでルイスはソニーの聞きたい内容よりもずっと以前、前作『アントマン』の出来事を語りだすのだった。前作でも印象的だったルイスの回想シーンでは、すべての登場人物がルイスの声で吹き替えられ、あらゆる出来事はルイスの解釈で語られる……。

なんと監督いわく、脚本のある段階では、この場面でルイスは『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)の出来事を語っていたのだという。

「初期のころは、『シビル・ウォー』の滑走路での戦いを素早く振り返ろうとしていましたね。キャプテン・アメリカがアントマンを野球ボールみたいに投げるとか、バカバカしい要素を混ぜて。だって全部がルイスの解釈ですから。そうでしょ? くだらないビジュアルも思いついてたんですよ。」

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』©Marvel Studios 写真:ゼータ イメージ

ルイスの回想でクリス・エヴァンス演じるキャプテン・アメリカが突如登場し、ルイスの声で喋り、アントマンをぶん投げる……。想像するだけでおもしろいのだが、残念ながらこのアイデアは見送られることになってしまった。「『シビル・ウォー』には(他の場面で)十分言及していると思ったんです。だから自分たちのことをやろうって。」

「(『アントマン&ワスプ』は)ある程度独立した、自分たちの世界の作品にしたかったんです。登場人物の物語を続けていきたいし、自分たちのストーリーにより適切なキャラクターを登場させたかった。それに、こちらは『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の直後なので。あっちの方には全員が出てますからね。アントマンとワスプ、それからホークアイ以外。」

前作にはサム・ウィルソン/ファルコンが登場したが、そちらは“スコット・ラングをいきなりアベンジャーズ本部に送り込む”という試練を描くために必然性のある選択だったそう。本作にキャプテン・アメリカを登場させることには、それほどの必然性を見出だせなかったというわけだ。

ちなみに「『シビル・ウォー』には十分言及している」と豪語したペイトン監督だが、ある出演者は『シビル・ウォー』を観ていなかったため、脚本を読んで大いに混乱したという。ハンク・ピム博士役のマイケル・ダグラスである。英MTVのインタビューで、マイケルはこう語っているのだ。

だって『シビル・ウォー』を観なきゃいけないとは言われてなかったから。観てれば、アントマンやポール・ラッドの役が何をしたのか、なぜこうなってるのかわかったんでしょうけど。[中略](監督に)“『シビル・ウォー』を観てなくて”と言ったら、まるで僕が世界一重い罪を犯しているみたいな目で見られて…。」

映画『アントマン&ワスプ』は2018年8月31日(金)より全国ロードショー。

『アントマン&ワスプ』公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/antman-wasp.html

Sources: RT, MTV

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly