Menu
(0)

Search

フランシス・フォード・コッポラ監督新作、クリスチャン・ベールが主演交渉中か ─ ワイナリー売却で挑む壮大な野心作

クリスチャン・ベール
Photo by Harald Krichel https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Christian_Bale-7834.jpg Remixed by THE RIVER

フランシス・フォード・コッポラ監督による野心作『Megalopolis(原題)』に、『ダークナイト』トリロジーや『バイス』(2018)『フォードvsフェラーリ』(2019)などのクリスチャン・ベールが主演の打診を受けているようだ。

『Megalopolis』は、1980年代より監督が温めてきた企画。ジャンルはラブストーリーで、破滅的な災害に見舞われたアメリカ・ニューヨークを、ユートピアとして再建しようと奮闘する建築家の姿を描く物語であり、『ベン・ハー』のようなローマ叙事詩になるという。既報では出演者として、オスカー・ アイザックやフォレスト・ウィテカーをはじめ、ケイト・ ブランシェット、ジョン・ヴォイト、ミシェル・ファイファー、ジェシカ・ラング、ゼンデイヤ、ジェームズ・カーンが交渉中と伝えられていたが、のちにオスカーが離脱したことが報じられていた。そのほかキャストに関しても、その後の進展は伝えられていない。

この度、クリスチャン・ベールが本作に主演交渉されている、あるいはされていたことを明かしたのは、ロバート・デュヴァル。『ゴッドファーザー』3部作や『地獄の黙示録』(1979)などで、コッポラ監督と仕事を共にしてきたことでも知られる名優だ。一方、ベールとはスコット・クーパー監督最新作『The Pale Blue Eye(原題)』にて共演を果たしている。

The Gateのインタビューにてデュヴァルはベールについて、「素晴らしい俳優です」と評価した上で、「コッポラは彼に新たな大作映画の主演を打診したようです」と口にしている。これがどのタイミングでの出来事なのかは定かでないため、現時点でも交渉が行われているのかは不明だ。アカデミー賞受賞者であるふたりに注目が集まる。

ちなみにコッポラ監督は本作を製作するため、ワイナリーの大部分を売却しているといい、その額は1億2,000万ドルにもおよぶとのこと。「私はお金を惜しみません」と並々ならぬ思いが込められた本作に引き続き注目しよう。

あわせて読みたい

Source: The Gate

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly