Menu
(0)

Search

ハリウッド実写版『モンスターハンター』、米国公開日が2020年9月4日に決定 ─ ミラ・ジョヴォヴィッチ主演

モンスターハンター
※画像はイメージです Photo by KniBaron https://www.flickr.com/photos/knightbaron/37212672052/

同名人気ハンティング・アクションゲームをハリウッドが実写映画化する、『モンスターハンター(邦題未定、原題:Monster Hunter)』が2020年9月4日に全米公開されることが決定した。米Deadlineが報じている。

この公開日は、2020年9月5~7日の「レイバー・デイ(労働者の日)」の3連休で映画館に訪れる観客層を狙ったものと思われる。2019年2月8日時点で、本作と同時期に公開されることが決定している映画は、2020年9月18日に全米公開予定の『クルードさんちのはじめての冒険2(邦題未定、現代:The Croods 2)』のみ。なお本作の撮影は2018年12月末に終了しているため、ポストプロダクションにかけられる時間は約1年9ヶ月と、比較的余裕のあるスケジュールだ。

『モンスターハンター』は多種多様な世界で巨大モンスターに立ち向かうゲームで、2004年にカプコンよりPS2用ゲームソフトとして発売されて以降、世界中のファンを魅了してきた。実写版では、“モンスターを狩る”というコンセプトを継承し、モンスターの支配する「もう一つの世界」に飛ばされた国連軍のアルテミス中尉と誠実な兵士達が、決死の戦いに挑む姿が描かれる

主人公ナタリー・アルテミス役を『バイオハザード』シリーズのミラ・ジョヴォヴィッチが演じるほか、ハンター役で『マッハ!!!!!!!!』シリーズや『ワイルド・スピード SKY MISSION』(2015)のトニー・ジャー、狙撃兵リンク役で『アントマン』シリーズで知られるティップ・“T.I.”・ハリス、ハンターを率いる大団長役で『ヘルボーイ』シリーズや『パシフィック・リム』(2013)のロン・パールマン、輸送兵マーシャル役でディエゴ・ボネータらが出演する。監督・製作・脚本は、ミラ・ジョヴォヴィッチの夫であり、映画版『バイオハザード』シリーズを手がけたポール・W・S・アンダーソンだ。

映画『モンスターハンター(邦題未定、原題:Monster Hunter)』は2020年9月4日に米国公開予定。

Source: Deadline

Writer

Marika Hiraoka
Marika Hiraoka

THE RIVER編集部。アメリカのあちこちに住んでいました。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly