Menu
(0)

Search

『ミッション:インポッシブル』新作、『X-MEN』ニコラス・ホルトが降板

ニコラス・ホルト
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/46797398134/

トム・クルーズ主演の人気シリーズミッション:インポッシブル第7作・第8作(ともにタイトル未定)から、『X-MEN』シリーズなどで知られるニコラス・ホルトが降板となった。米Deadlineなどが報じている。

『ミッション:インポッシブル』第7作・第8作は、2020年2月、イタリアでの撮影が予定されていたものの、新型コロナウイルスの感染拡大によって延期を余儀なくされた。報道によると、ホルトの降板は撮影延期に伴うスケジュールの都合によるもの。米Hulu製作、エル・ファニングとの主演ドラマ「The Great(原題)」シーズン2の撮影に参加しなければならないという。このたびDeadlineは、『ミッション:インポッシブル』新作の撮影は2020年の晩夏から初秋にかけて再開されると記している。

ベンジー・ダン役のサイモン・ペッグは、撮影の中断以前、すでにホルトとの共同作業に入っていたことを明かしていた。それがリハーサルだったのか本撮影だったのかは不明だが、もしも撮影が進行していた場合、早くもホルトの出演シーンは撮り直しが必要となる。なお本作に限らず、コロナ禍を想定しない時期に出演者との契約が結ばれていた作品については、今後、同様のケースが起こりうるとも指摘されている。

既報によると、本作でホルトが演じる予定だったのは、トム・クルーズ演じるイーサン・ハントらと敵対する“悪役”。ホルトの後任者には、「オザークへようこそ」のほか、DCドラマ「タイタンズ」シーズン2でデスストローク役を演じているイーサイ・モラレスが起用された。1962年生まれ、2020年には58歳になる人物とあって、ホルトとは年代が大きく異なるのも特筆すべき点だ。役柄の設定に変更が生じる可能性もある。

イーサイ・モラレス
イーサイ・モラレス Photo by Kristin Dos Santos https://www.flickr.com/photos/watchwithkristin/3393930517/ Remixed by THE RIVER

映画『ミッション:インポッシブル』第7作は2021年11月19日、第8作は2022年11月4日に米国公開予定(ともにタイトル未定)

Source: Deadline, Collider, Variety

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly