Menu
(0)

Search

『ミッション:インポッシブル』第8作、物語は新たな舞台へ ─ シリーズ初の撮影地が判明

ミッション:インポッシブル/フォールアウト
© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

 

トム・クルーズ主演『ミッション:インポッシブル』シリーズが、第8作(タイトル未定)で文字通り“新たな領域”に進出することがわかった。米Varietyが報じている。

『ミッション:インポッシブル』シリーズは、トム・クルーズ演じる米IMFのエージェント、イーサン・ハントが世界の危機を救うべく、巨悪の陰謀を阻止する“不可能な任務”に挑むストーリー。作品を重ねるごとにシリーズの規模は拡大し、現時点での最新作『ミッション:インポッシブル:フォールアウト』(2018)ではイギリス、フランス、ノルウェー、ニュージーランド、アラブ首長国連邦にて撮影が行われた。

今回の報道によると、『ミッション:インポッシブル』第8作は南アフリカで撮影が実施される予定とのこと。どのような形で登場人物が南アフリカを訪れるのかは不明だが、本シリーズで南アフリカが舞台となるのは本作が初めて。監督・脚本は『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』(2011)以来シリーズに携わってきたクリストファー・マッカリーだから、これまでにない新たな展開やキャラクター性にも期待が高まる。

もともと『ミッション:インポッシブル』第7作・第8作はストーリーが繋がっているとされ、撮影も連続で実施される予定だった。しかしパラマウント・ピクチャーズは、新型コロナウイルス禍の影響などで連続撮影を断念。第7作は2021年9月に撮影を終え、現在はポストプロダクション(撮影後作業)が進められている。

なお、第8作も一部撮影が進められているという報道もあるが、現時点での状況は不明。連続撮影が実現しなかった背景には、2022年5月に公開されるトムの主演映画『トップガン マーヴェリック』のプロモーションとの兼ね合いもあったとされるため、本格的な始動は夏ごろとなる可能性もある。『ミッション:インポッシブル』は世界各国で撮影が実施されることが常であり、コロナ禍をめぐる状況を見ながら撮影が行われることになるはずだ。

映画『ミッション:インポッシブル』第7作は2023年7月14日、第8作は2024年6月28日に米国公開予定

あわせて読みたい

Source: Variety

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly