マイケル・ベイ『トランスフォーマー/最後の騎士王』がシリーズ最後の監督作に?堂々の卒業宣言(通算4回目)

映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』を監督するマイケル・ベイが、『トランスフォーマー』シリーズからの卒業を宣言した。2007年『トランスフォーマー』から本シリーズを継続して監督してきたベイは、映画情報サイト「ファンダンゴ」のインタビューでこう述べているのだ。

「(『トランスフォーマー』シリーズで)僕が作ってきたのは、ものすごく巨大な映画だよ。とても疲れたんだ。僕は十分に働いたし、素晴らしい時間を過ごしたよ。この作品(『最後の騎士王』)で監督を降りるつもりなのさ、調子の良いうちに去らないとね。よく走り切ったと思うし、ほかにも撮りたい映画がたくさんあるんだよ」

まさに堂々のシリーズ卒業宣言……なのだが、実はベイが『トランスフォーマー』の監督を降りると宣言したのは今回が初めてではない。シリーズ5作品を監督する中で、なんと今回で4度目の卒業宣言なのである。

マイケル・ベイ、過去3回の卒業宣言を振り返る

①『トランスフォーマー』(2007年)

ベイが初めて『トランスフォーマー』シリーズを卒業をほのめかしたのは、なんとシリーズ第1作『トランスフォーマー』(2007年)の製作後だった。ベイは自身のオフィシャル・フォーラムで、続編の製作スケジュールに言及しながら「逃げ出して1年くらい帰って来ないかも」とストライキを示唆したのだ。

もちろんご存知の通りストライキは実行されず、彼は第2作『トランスフォーマー/リベンジ』(2009年)でも監督を務めている。ところがこの第2作は、ゴールデンラズベリー賞を獲得するなど非常に厳しい評価を受けたのだった……。

②『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』(2011年)

第2作『リベンジ』が不評だった反動から、ベイは第3作『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』(2011年)の製作に全力で打ち込んだようだ。しかし2度目の卒業宣言が飛び出したのは、その製作中の出来事であった。

「2年間、毎日仕事をしているんだ。2作目の埋め合わせをしたいし、できる限りのことをして、このシリーズを離れたいと思ってるのさ。我ながらよくやってるし、撮影は楽しいよ」

なお、この『ダークサイド・ムーン』をもって3作品の主演を務めてきたシャイア・ラブーフがシリーズを降板している。かねてからの宣言通り、ベイも同じように『トランスフォーマー』を去るか……と思いきや、それでもベイはシリーズに続投したのである。

③『トランスフォーマー/ロストエイジ』(2014年)

第4作『トランスフォーマー/ロストエイジ』(2014年)にも監督としてのカムバックを果たしたベイは、そのプロモーション中、3度目の卒業宣言を口にしている。しかしこの時は、過去2回とは少し方向性が異なった。彼はシリーズを新しい監督に託し、自らは新たな展開を考えていたようなのである。

「新しい展開、新たな方向性の映画を作りたいんだ。語りたいストーリーがたくさんあるし、(監督を交代して)きちんと肩ならしをするんだよ」

ところが2017年、ベイは第5作『最後の騎士王』でも監督を務めることになった。しかしベイは今度こそ本気なのかもしれない。なぜなら本作での卒業を彼が明言したのは「ファンダンゴ」のインタビューだけではないのだ……。

今度こそ本気の卒業か

2016年1月、ローリング・ストーン誌のインタビューに登場したベイは『トランスフォーマー』についてこう述べていた。

「『トランスフォーマー』は僕にとってまだ素晴らしい時間だよ。1億人に観てもらえる映画を作るのは楽しいしね。でも今回(『最後の騎士王』)が最後だ。別の誰かに託さないと

さらに2017年2月、ベイは自身の公式サイトで発表したコメントにもこう記している。

「『トランスフォーマー』を作るたび、僕は“これが最後になる”と話してきた。でも世界中で映画を観てくれる1億2,000万人のファンや、(ユニバーサル・スタジオの)アトラクションに並んだ行列、撮影現場に来てくれる夢みる子どもたちが、なんとか僕を引き戻してくれたんだ。僕は『トランスフォーマー』を作るのが大好きだ。この映画(『最後の騎士王』)の撮影は特に楽しかった。でも今回こそ、本当に最後になるかもしれない。だから精いっぱい作っているよ」

また記事冒頭で触れた「ファンダンゴ」のインタビューで、ベイはこのようにも語っている。

「血みどろの殺し屋を描いた脚本を読んだんだ、ページをめくる手が止まらなかったよ。映画化できたら楽しいだろうね。『13時間 ベンガジの秘密の兵士』『ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金』を作るのは最高だった。(次回作は)もっとシリアスでアダルトな映画になると思うよ」

ベイが『トランスフォーマー』という作品に費やした約10年という時間は、一人の映画監督にとってはあまりにも長い。もちろん第6作目に帰ってくる可能性も十分ありそうだが、ひとまず『最後の騎士王』がベイにとって最後の『トランスフォーマー』だという覚悟をしておいても良いだろう。

マイケル・ベイ監督がシリーズで有終の美を飾る(かもしれない)、映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』は2017年8月4日公開

Sources: http://www.slashfilm.com/interview-michael-bay-talks-transformers-dark-moon/
https://www.usatoday.com/story/life/movies/2014/08/07/michael-bay-transformers-teenage-mutant-ninja-turtles/13295115/
http://www.rollingstone.com/movies/features/13-hours-can-michael-bay-pull-off-a-gritty-movie-about-benghazi-20160104
http://io9.gizmodo.com/a-brief-history-of-michael-bay-quitting-the-transformer-1791977788
https://www.fandango.com/movie-news/interview-michael-bay-on-bad-boys-3-and-what-comes-after-transformers-the-last-knight-752393
http://screenrant.com/michael-bay-wont-return-direct-transformers-6/
(C)2016 Industrial Light

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。