Menu
(0)

Search

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス、第3作カウボーイ姿のマーティを再演 ─ リル・ナズ・XのMVにカメオで登場

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3
(C)1990 UNIVERSAL CITY STUDIOS, INC.

マーティが再びカウボーイに!

SF映画の金字塔『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズで知られるマイケル・J・フォックスが、米人気ラッパー、リル・ナズ・X(Lil Nas X)が発表する新曲「Holiday」のミュージック・ビデオのティザー映像にカメオ出演を果たした。

「Holiday」は、2020年11月13日(現地時間)にリリースが予定されているリル・ナズ・Xの新曲。きたるクリスマスをモチーフとした1曲だ。公開されたミュージックビデオのティザー映像では、西部開拓時代を舞台に、サンタクロースに扮したリル・ナズ・Xの姿が映し出されている。そして映像の終盤には、どこか見覚えのあるカウボーイが登場するのだ。

その人物こそ、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズのマーティ・マクフライ役でお馴染みマイケル・J・フォックス。本シリーズのパート3では、1885年西部開拓時代のヒルバレーを舞台に、親友“ドク”ことエメット・ブラウン博士を連れて元の世界に戻ろうと奔走するマーティが描かれた。

マイケルは、カウボーイ姿が印象的なマーティに扮した格好でティザー映像に登場。新型コロナウイルスの影響で大打撃を受ける世界をデロリアンに乗って予め見てきたのだろうか、空飛ぶトナカイのソリに乗って、デロリアンよろしく時空を超えるナズ・サンタに警告する。「ナズ、どこで何をしても2020年だけには行くな」。映像の最後に表示される『バック・トゥ・ザ・フューチャー』風のロゴなど、粋な演出もされている。

本映像は予告編なので、今後フルバージョンのミュージックビデオが公開されると見られる。カメオ出演を果たしたマイケルは、自身のInstagramを更新。「過去にタイムトラベルする時はいつも良い時ばかり。参加できてワクワクしています。未来での幸運を祈ってます」とリル・ナズ・XのInstagramアカウントをタグ付けして、出演の感想を綴った。

ちなみにマーティの親友“ドク”は、直近で『アベンジャーズ26』のワールドプレミアに参加する為に2077年の未来へタイムトラベルしてきたようだ。これは2020年8月に開催されたヨーロッパ最大級のゲームイベント「Gamescom」に特別出演したドク役クリストファー・ロイドが、ドクを再演したものである。

あわせて読みたい

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly