Menu
(0)

Search

バットマンからバードマン、そしてバルチャーへ ─ 『スパイダーマン:ホームカミング』マイケル・キートン、バルチャーは「共感できる」ヴィラン

スパイダーマン:ホームカミング
©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.

映画スパイダーマン:ホームカミングで、スパイダーマンの宿敵バルチャーを演じたのはマイケル・キートンだ。今回はスパイダーマンを圧倒する恐ろしきヴィランを魅力たっぷりに演じたマイケル・キートンの経歴や、バルチャーに対する思いなどについてご紹介しよう。

俳優、マイケル・キートン

スパイダーマン:ホームカミング
©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.

マイケル・キートンは1951年9月3日生まれ、アメリカ出身の65歳だ。スタンダップ・コメディアン、カメラマンとしても働いていた彼が映画デビューを飾ったのは、ロン・ハワードが監督を務めた『ラブ IN ニューヨーク』(1982)。後にティム・バートン監督の『ビートルジュース』(1988)や『バットマン』(1989)に出演し人気を不動の物にする。

近年ではアカデミー賞作品賞を受賞した『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(2014)での演技が印象的だ。DC映画『バットマン』でブルース・ウェイン/バットマンを、『バードマン』ではかつてヒーローを演じていた元スター俳優という役を演じたマイケル・キートンが、スパイダーマン:ホームカミングにて悪役を演じる。しかもバルチャーはバードマンと同じく翼を持ったキャラクターなのだから面白い。

「バルチャーに共感できるところも」

マイケル・キートンはホームカミング』で演じたエイドリアン・トゥームス/バルチャーについて、COLLIDERのインタビューにてこう語っている。

「彼が少し被害者である所に魅力を感じたんだ。彼は被害者の意識を感じる事で、自ら(が選んだ悪の道)を正当化してしまう。トゥームスは上流階級の人々は全てを手にしていると思っているんだよ。そして、たくさん働いているにも関わらず多くのものを持っていない人々もいる。これって今の政治情勢を考えると、他人事に思えなくないかな?」

またVARIETYのインタビューでは「バルチャーは思っていた以上に、とても興味深いヴィランだ。演じていて面白いよ!」とも話していた。「バルチャーに共感できるところもあるかもしれない、って思うのさ」

“バットマン”愛は底知れず

圧巻の存在感で『スパイダーマン』作品に登場したマイケル・キートンだが、かつてDC作品のヒーロー『バットマン』にはかなり思入れがあるようだ。

米ABCの人気テレビ番組『ジミー・キンメル・ライブ』にキートンが出演した時のこと。ジミー・キンメルが「僕はスパイダーマンが大好きなんだ!彼はコミックで一番好きなヒーローだよ」とコメント。それを聞いたキートンは「なんだって?俺はバットマンだぞ!」と怒ってみせるお茶目な一面を見せた。

DC作品のバットマンから、かつては“バードマン”というヒーローだった役者、そしてマーベル作品のヒーローであるスパイダーマンの宿敵役…マイケル・キートンの俳優人生はとても興味深い。

スパイダーマン:ホームカミング』は2017年8月11日より全国で公開中。また主演を務めるマクドナルド創業者の伝記映画『ファウンダー  ハンバーガー王国のヒミツ』は2017年7月29日より公開中。圧巻の存在感を披露するマイケル・キートンをぜひお見逃しなく。

(文 : Moeka Kotaki)

Source : https://en.wikipedia.org/wiki/Michael_Keaton
http://collider.com/michael-keaton-spider-man-homecoming-interview/#vulture
http://variety.com/2017/film/in-contention/michael-keaton-spider-man-homecoming-the-founder-1201958387/
https://www.moviefone.com/2017/06/08/michael-keaton-chokes-jimmy-kimmel-liking-spider-man-batman/

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly