Menu
(0)

Search

マイケル・キートン、ディズニー実写版『ダンボ』出演を認める ─ ティム・バートンと再タッグ、『バットマン』ペンギン役とも再共演なるか

スパイダーマン:ホームカミング
©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.

俳優のマイケル・キートンが、ディズニーの名作アニメを実写化するティム・バートン監督作『ダンボ』で悪役として登場するという報道を認めた。

映画『スパイダーマン:ホームカミング』のプロモーションで、米ABCの『Good Morning  America』にゲスト登場したマイケル・キートン。登場時間の終盤、ホストに「『ダンボ』でティム・バートンと再会するそうですが、本当なんですか?」と尋ねられると、「またティム・バートンと再会しますよ」と答えた。

マイケル・キートンとティム・バートンの関係は、1988年の『ビートルジュース』まで遡る。その翌年に『バットマン』(1989)がヒット。1992年には続編『バットマン リターンズ』も制作された。この番組で「彼は近くに居たいと思わせる人物です」とティム・バートンを評したマイケルは、「彼は独創的で、ユニークで、そしてアーティストなのです」と続けた。

『ダンボ』で『バットマン リターンズ』ペンギン役と再対決か

ティム・バートンが監督を手がける『ダンボ』は、実写とアニメを融合させたものになる予定。マイケル・キートンは、バンデミア(Vandemere)という名の悪役を演じるとの情報が報じられている。小さなサーカス団を取り込んでいく強欲な支配人で、ダンボも狙われる。

同作は他に、コリン・ファレルやウィル・スミス、エヴァ・グリーンの出演交渉も伝えられてるが、その中にはダニー・デビートの名も。『バットマン リターンズ』ペンギン役として、マイケル・キートンとの対決を演じた人物だ。ダニーが交渉中の役とは、マイケル演じるバンデミアに買収される小さなサーカス団のオーナー、メディチ役。実現すれば、マイケルとは『バットマン リターンズ』以来、善悪の役を交代しての再演となる。

ディズニー映画『ダンボ(仮題)』の全米公開日は現在のところ未定。
なお、マイケル・キートンは『スパイダーマン:ホームカミング』でスパイダーマンの宿敵バルチャーを演じる。圧巻の演技で悪役としての魅力を放つマイケル・キートンをお楽しみに。

映画『スパイダーマン:ホームカミング』は2017年8月11日日本公開。

Source:https://youtu.be/U2v_XDz5IkQ
http://www.imdb.com/title/tt3861390/

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly