『マン・オブ・スティール』悪役俳優、スター・ウォーズ/マーベル映画のオファーを断った?『バットマンvsスーパーマン』は「寝ちゃった」

映画『マン・オブ・スティール』でヴィランのゾッド将軍を演じたマイケル・シャノンは、『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』(2008年)でアカデミー助演男優賞にノミネートされたほか、多くの映画で鮮烈な印象を残す名優のひとりだ。

そんな彼が最新のインタビューで、スター・ウォーズ』もしくはマーベル映画のオファーを断ったらしいことを語った。また彼は、自身も出演した『バットマン vs スーパーマン』を観ながら寝落ちしたという衝撃の事実を明かしている。

マイケル・シャノン(『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』より) https://cinema-fanatic.com/2010/07/27/auteur-of-the-week-sam-mendes/

マイケル・シャノン(『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』より)
https://cinema-fanatic.com/2010/07/27/auteur-of-the-week-sam-mendes/

「あるシリーズ映画を断った」その理由とは

マイケル・シャノンのフィルモグラフィーにおいて、『マン・オブ・スティール』と『バットマン vs スーパーマン』の2本はひときわ趣が異なる作品だ。それゆえか、インタビュアーに「もっとシリーズ物の映画に出演したいと思いますか?」と尋ねられたシャノンはこう答えている。

「いいや。『マン・オブ・スティール』はストーリーが面白くてね、現在の問題につながっていると思ったんだ。みんなの住む星を破壊する文明や、新しい星を探すことについての物語だった。だから出演したのさ。巨大なコミック・シリーズに出たかったからじゃない。本当にすばらしいストーリーだと思ったんだよ」

マイケル・シャノン(『マン・オブ・スティール』より) http://collider.com/man-of-steel-images-high-resolution/

マイケル・シャノン(『マン・オブ・スティール』より)
http://collider.com/man-of-steel-images-high-resolution/

「マーベルや『スター・ウォーズ』でも出ないんですか?」と聞かれても、シャノンは「出ない」と述べている。

「(シリーズを)本当に求めてないのさ。最近、あるシリーズから声が掛かったけど、(出るとは)言わなかった。いろんなバージョンが数え切れないほど作られてる映画だ。彼らはスゴい金額をくれようとしてたけど、俺は受けなかった。巨大な映画でも同じだよ。(出演する作品を)面白いストーリーだと思えなきゃいけない。そう思えないなら出演できないし、出演しない

質問に挙がったのはマーベル映画と『スター・ウォーズ』だが、シャノンが明言を避けたため、オファーを断った作品が何かは分からない。しかし「いろんなバージョンが数え切れないほど作られてる」と形容されるほどのシリーズが、現在マーベルや『スター・ウォーズ』以外にどれだけあることか……。

『バットマン vs スーパーマン』で爆睡?

その一方で、シャノンは自身も出演している『バットマン vs スーパーマン』にも微妙な発言をかましていた。同作を「観ましたか?」と聞かれた彼の答えはあまりにも正直すぎたのだ。

シャノン: おい、俺を面倒に巻き込む気かよ!みんな、いつもそれを聞いてくるんだ。オーケー、神に誓って真実を話そう。ザック(・スナイダー)は俺をブチ殺すだろうな……。一回観たけど寝ちゃったんだ。

マイケル・シャノン(『バットマン vs スーパーマン』メイキングより) http://supereroi-news.com/2016/11/15/batman-v-superman-michael-shannon-si-e-addormentato-durante-la-visione/

マイケル・シャノン(『バットマン vs スーパーマン』メイキングより)
http://supereroi-news.com/2016/11/15/batman-v-superman-michael-shannon-si-e-addormentato-durante-la-visione/

インタビュアー: 寝ちゃったの!?

シャノン: わかってる、わかってる……。俺は国際線に乗ってて、疲れてたんだよ。

インタビュアー: じゃあ国際線のせいですね。『バットマン vs スーパーマン』みたいな映画は、飛行機の小さい画面では観てられないんですか。

シャノン: そう、その通りだ。飛行機で観るべきじゃなかった。でも最近映画を観てないんだよ!観る時間がないのさ。いつでも映画を観てたのは、俺がまだ20歳で、週に10日も働いてなかった頃だね。

「寝ちゃった」発言をフォローしようとしたのか、シャノンは「映画を観るのがキツくなってるんだ。好きなレストランのキッチンは絶対見るなって言うだろ、それと同じだよ……」とも述べているが、より微妙なコメントになってしまった感は否めない。

映画での鋭い印象とは裏腹に、インタビューで思わぬ一面を見せてくれたマイケル・シャノンを、筆者はこれからも心から応援していきたい。

『バットマンvsスーパーマン』の批判を聞かされたベン・アフレックの悲しすぎるリアクションが”Sad Ben Affleck”と話題に

source: http://www.fandango.com/movie-news/michael-shannon-on-nocturnal-animals-and-the-animal-that-almost-killed-him-in-a-movie-no-one-ever-saw-751565

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。