Menu
(0)

Search

Microsoft、任天堂に買収持ちかけていた

Xbox(初代)

Xboxシリーズを手掛けるMicrosoftが、過去に任天堂を買収しようとしていたのだという。米Bloombergにて、Microsoftの元関係者たちが明かしている。

2001年11月に発売した初代・Xboxは、間もなく20周年を迎えようとしている。2020年11月には待望の次世代機・Xbox Series X|Sも発売し、Microsoftは勢いを増すばかりだ。ソニーや任天堂と並び、Microsoftはゲーム業界を代表する企業であることは言うまでもないだろう。

Bloombergによると、MicrosoftはXboxの開発当初、Xboxの独占作品を確保するため、任天堂に買収の話を持ちかけていたとのこと。当時から豊富な財源を持っていたMicrosoftであっても、実に大胆な試みとも言えるが、任天堂側は全く興味を持たなかったという。当時の任天堂との会議について語ってくれたのは、Xboxのサードーパーティー元担当責任者、ケヴィン・バッカスだ。「任天堂に買収の話を持ちかけたのですが、彼らは笑っていました。1時間も笑われることを想像してみてくださいよ。そういう会議でした」。

なお、Bloombergによると、Microsoftが最初に買収の話を提案したのはElectronic Arts(略称:EA)だったという。他には『ファイナル・ファンタジー』シリーズなどのスクウェア・エニックス、『モータルコンバット』シリーズなどのミッドウェイ・ゲームズにも話を持ちかけてたようだが、いずれも交渉成立とはならなかったとのこと。最終的には、『Halo』の開発を進めていた開発会社Bungieと契約を結ぶことになった。同作は、今では世界中から新作が待ち望まれるFPSシリーズだ。

あわせて読みたい

Source: Bloomberg , Game Rader+

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Tags

Ranking

Daily

Weekly

Monthly