Menu
(0)

Search

米Microsoft社、『Fallout』『The Elder Scrolls』シリーズの開発会社を75億ドルで買収

Fallout

Xboxシリーズの開発を手掛ける米Microsoft社が、世界中で絶大な人気を博す『Fallout』『The Elder Scrolls』シリーズなど、数々の受賞歴を誇る開発会社Bethesda Softworksの親会社ZeniMax Mediaを買収し、傘下に取り入れることを発表した。

Microsoft社による買収総額は75億ドル(約7,900億円)にも及ぶ模様で、買収が完了するのは2021年後半になる予定とのことだ。今後数ヶ月間に渡り、Bethesda Softworks社が誇る関連作品が、Microsoft社が運営する月額制のサブスクリプション・サービス「Xbox Game Pass」に順次追加されていく。同サービスには、Bethesda Softworks社が現在開発中の宇宙を舞台にした注目の新作『Starfield』も組み込まれる予定だ。

ZeniMax Media社はBethesda Softworks社の他にも、FPSを世間に定着させた『DOOM』シリーズや、FPSに新風を巻き起こした『Wolfenstein』シリーズなどを手掛ける複数の開発会社も率いている。人気作品を多数有するZeniMax Media社がMicrosoft社の傘下に加わったことは、2020年11月に発売を控える次世代機「Xbox Series X」の更なる追い風になると言えるだろう。今後、ZeniMax Media社による作品がXBoxの独占タイトルとなるのかも含めて、同年11月に発売される次世代機「PlayStation®5」との競争の行方に注目したいところだ。

「Xbox Series X」は、2020年11月10日(火)に日本含め世界各国で販売開始。

あわせて読みたい
Fallout

人気RPGゲーム『Fallout』、Amazonでドラマ化 ─ 「ウエストワールド」制作陣が手がける

Source: Xbox Wire blog , Game Rader +

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly