Menu
(0)

Search

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』作曲家が重いプレッシャー明かす ― 師匠ハンス・ジマーのアドバイスは「楽しめ」

ミッション:インポッシブル/フォールアウト
© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

トム・クルーズ主演『ミッション:インポッシブル』シリーズでは、ラロ・シフリンによるおなじみのテーマ曲を軸に、これまでさまざまな作曲家が音楽を手がけてきた。ダニー・エルフマン、ハンス・ジマー、マイケル・ジアッキーノ、ジョー・クレイマー……。
最新作『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』に起用されたのは、『レゴ(R)バットマン ザ・ムービー』(2017)や『パシフィック・リム:アップライジング』(2018)、そのほかテレビドラマやビデオゲームなどでもキャリアを重ねてきたローン・バルフェだった。

ローンの作曲人生における“師匠”は、ハリウッドになくてはならない映画音楽家であり、シリーズ第2作『M:I:2』(2000)の作曲を務めたハンス・ジマーである。現在でも共作が多い二人は、最近も2018 FIFAワールドカップ ロシア大会にてテーマ曲を制作。ローンは米Colliderのインタビューにて、『ミッション:インポッシブル』就任にあたってハンスから受けたアドバイスを明らかにしていた。

https://www.youtube.com/watch?v=HrGSGi6C-vs

「大切なのは楽しむこと」

ハンス・ジマーが音楽を手がけた作品にローンが初めて携わったのは『バットマン ビギンズ』(2005)。約10年間にわたって、ローンはハンスのアシスタントを務めていたという。しかし『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』が決まった際、彼は師匠にアドバイスを積極的には求めなかったそうだ。

「アドバイスは一度も求めませんでした。“あなたの時(『M:I-2』)はどんな感じだったんですか?”と尋ねただけです。すると彼は“一番大切なのは楽しむことだ”と言ってくれました。それは大きなカギだったと思いますね。だって僕たちはファミリーに招かれたわけですから。『ミッション:インポッシブル』というファミリーに、トム(・クルーズ)というイーサン・ハントに。」

第1作『ミッション:インポッシブル』(1996)を学生時代に観て以来シリーズのファンだったというローンは、最新作の音楽を手がけることについて「夢が叶った」と語る。しかし、当然ながらそれゆえの緊張感もあったようで……。

「作曲していると、ファンのみなさんが映画を観ることを意識せずにはいられません。(シリーズの)音楽的なDNAに忠実であること、それらを恐れすぎないことに注意しました。それから、みなさんが楽しんでくださるだろうということも。だから大切なのは、楽しむことだったんですよ。彼(ハンス)は正しかった。最高の経験だったし、クリストファー・マッカリー(監督)やトム・クルーズからは多くを学びましたよ。」

 ミッション:インポッシブル/フォールアウト
クリストファー・マッカリー監督 © 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

ローンはクリストファー監督と、物語やテーマ、作品のアプローチについて話し合いを重ねて作曲にあたったという。監督が今回の音楽に求めていたのは「今までとは異なるトーン」。ローンの仕事部屋は編集室の隣に用意され、作曲の作業はクリストファー監督や編集のエディ・ハミルトンとの実験を重ねながら進められていったという。

ところで『ミッション:インポッシブル』シリーズといえば、あまりにも有名なテーマ曲をいかに扱うかが作曲家の大きな課題となる。ローンはその舞台裏について、自身の印象をこのように明かしていた。

「こういう作業を始めると、ほとんどの時間を呆然として過ごすことになります。玄関のカギを渡されて、いよいよ(楽曲に)触れることを許される。そのあと、恐怖心から距離を置かなきゃいけないんですよ。このテーマ曲について重要だったのは、過去を恐れないということでした。いろんなバージョンが作られていますから。リンプ・ビズキット(『M:I-2』)があれば、あらゆる解釈がなされてきている。なので、それらすべてと決別しなきゃいけなかったんです。」

過去の楽曲や解釈をうまく切り離しつつ、『ミッション:インポッシブル』シリーズのDNAを抽出して、あくまで本作のテーマやストーリーにふさわしい音楽を作る。これこそローンが『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』の作曲に取り入れたアプローチだったのだ。もちろんこうしたアプローチには、師匠のハンスによる“教え”がきちんと活きているようである。

「自分たちの曲にプレッシャーを感じずにいる、ということに彼からは多くを学びました。映画が第一にあるので、もし曲がうまくいかなかったら、その曲とはそこでさよならなんだと。僕たちは音楽の話ではなく、映画づくりの話をしています。彼はフィルムメーカーであることが一番で、作曲家であることは二番目。物語を語ることとは何かを理解しているんですよ。彼は素晴らしい指導者だったし、それは今でも変わりませんね。」

映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』は2018年8月3日(金)より全国の映画館にて公開中

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』公式サイト:http://missionimpossible.jp/

 

Source: Collider

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly