『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』未公開シーンが判明 ― イーサンの任務、イルサとの関係、ブルーレイ収録の可能性は

映画『ミッション:インポッシブル』シリーズの最新作、『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』にて脚本・監督を務めたクリストファー・マッカリーが、残念ながら映画本編から削除されたシーンについて明かした。ストーリーの都合上大幅にカットされた場面の内容や、ブルーレイに未公開シーンが収録される可能性など、気になる話題がたくさん…!

注意

この記事には、映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』のネタバレが含まれています。

ミッション:インポッシブル/フォールアウト

© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

 ミッション:インポッシブル/フォールアウト

© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

ジョン・ラークとしてのミッション、大幅に削除

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』は、前作『ローグ・ネイション』(2015)に続き、脚本の執筆と撮影が同時に行われるという驚きのスタイルで制作されている。クランクインの時点では脚本が33ページしかなく、撮影しながらストーリーは随時決定、調整されていったのだ。トム・クルーズ演じるイーサン・ハントは、窮地を切り抜ける術について「これから考える!」などと口にするが、これは監督自身の心の声でもあったわけである。

クリストファー監督いわく、まだ脚本上決まっていない出来事に登場人物が反応を示す場面を撮る際、俳優から「どんな反応にしましょう?」と問われることがあったという。しばしば監督は、「わからないですけど…あなたの反応のしかたによって、反応するものがどんなものになるか決まるんで」というハチャメチャな回答をしていたそうだ。

The Hollywood Reporterのインタビューでは、こうした撮影スタイルゆえに生まれた大きな未公開シーンの存在が明らかになった。劇中、イーサンはジョン・ラークという悪人になりすましてソロモン・レーンを脱獄させるミッションに従事するが、クリストファー監督によれば、この“イーサンがジョン・ラークとして悪事に手を染める”というくだりは大きく時間を割いて描かれる予定だったという。

「トイレのシーンで、イーサンはマスクなしでジョン・ラークのふりをしなければならなくなります。これを映画全体のプロットにするつもりだったんですよね。イーサンは悪人のふりをする、でも見た目は彼自身のまま。自分は悪党だと周りに信じてもらわなきゃいけないので、イーサンは目的のために、もっとダークで恐ろしいことをしなければならなくなるんです。最初の任務がレーンの脱獄で、最終的にイーサンは非常に暗い道を進むことになるはずだったんですよ。」

制作中、このアイデアをトムは快く受け入れたばかりか、なんと監督が執筆した脚本を、より恐ろしい内容へと自ら書き直していたとのこと。驚いた監督が「本当にここまでやりたいの?」と尋ねると、トムは「やるならとことんやろう」と答えたそう。本編にはイーサンが警官を殺害する場面がイメージとして挿入されるが、もしかするとあの場面は、本当に警官を殺害するシーンとして撮られたものだったのかもしれない。

 ミッション:インポッシブル/フォールアウト

© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

しかし結果的に、“イーサンが悪事に手を染める”という展開は大幅にカットされることになった。その理由について、クリストファー監督はこう語っている。

「このアイデアにこだわっている時、映画が先へ進んでいかないことに気づいたんです。アイデアを大切にするほど知性的な内容になって、ほかのキャラクターが犠牲になって、『ミッション:インポッシブル』でやるべきことをやる前に映画がどんどん長くなっていった。だから諦めたんです。そうしたらすぐにイングランドの場面がまとまりましたね。」

ちなみに監督は、具体的にどんな内容が検討されていたのかを明かしていない。前作『ローグ・ネイション』で実現しなかった内容の多くが本作に盛り込まれたことから、今回見送られた内容も今後の作品で復活する可能性があるというのだ。たとえばソロモン・レーンがイーサンに言う「君の任務は――もし引き受けるならだが――、今までに引き受けなかったことがあったか?」という言葉も、前作からやむなく削除したセリフを甦らせたものだという。

 

イーサンとイルサ、キスシーンも撮影されていた

また『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』では、イーサンとイルサ・ファウスト(レベッカ・ファーガソン)のキスシーンも撮影されていたという。もともと脚本になかった場面を「直感的に」撮影したそうだが、本編への採用は見送られることとなった。

「シーンそのものは効果的だと思ったんですが、いかにそのシーンへ到達するかが効果的じゃなかったんです。それから、(キスシーンは)イルサのキャラクターを弱めることになってしまった。強くなるようで、むしろ弱くなってしまったんです。ずいぶん話し合いをしましたが、最終的に、僕がそのシーンを撮ったのは美的な理由でしかなかったことに気づきました。」

ミッション・インポッシブル/フォールアウト

© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

また物語上、『M:i-III』(2006)以来の登場となるイーサンの元妻ジュリア(ミシェル・モナハン)の存在も大きかったという。

「観客は(イーサンと)ジュリアの関係が解決されていないことを知ります。(キスシーンを入れれば)ジュリアとの間に感情面の繋がりが残ったままなのに、なぜ別の女性と心を通わせているのか、という疑問が生まれてしまう。イーサンという人物や、彼が望んでいること、夢、恐れているものがよくわからなくなってしまいます。自分本位に見えてしまうでしょう。
だからジュリアの物語を組み立てるうえで、この映画にキスシーンを入れる方法はなかった。イルサの物語は、ジュリアの物語が解決されるのを待たなければなりません。それまで二人の間にそんな時間はない。そして映画が終わる時点で、僕は、二人の関係を決めるのはまだ早いと思いました。まだ二人の関係を決着させないほうがいいと。僕はイルサをもっと見てみたいんです。二人の関係が決まってしまえば、もう緊張感は生まれませんから。」

ブルーレイに未公開シーンは入る?

クリストファー監督の言葉を聞くかぎり、『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』にはそれなりに膨大な未公開シーンがあるように思われる。予告編で印象的だった、イーサンの乗ったヘリがトラックに衝突するシーンも本編には存在しなかったのだ。
しかし監督は「劇場で観ていただくものがディレクターズ・カット版だという信念がある」と述べ、追って発売されるブルーレイに未公開シーンを収録しない意向を明かしている。ただしそのかわり、本編に使えなかったショットをまとめた“未公開映像集”を収録するそうだ。

「非常に美しい撮影や、最高のロケーションで撮った素晴らしい場面があったんです。そこでエディ・ハミルトン(編集)と一緒に、ちょっとした贈り物を用意しました。音楽付きで観ることも、なぜ削除したかを僕たちが説明しているコメンタリー付きで観ることもできます。[中略]息をのむようなショットをたくさん観ていただけますよ。映画本編でお見せしたかったんですが、これが映画製作における自制心です。サン=テグジュペリも『星の王子さま』で、“これ以上加えるものがない時ではなく、これ以上取り去るものがない時こそが完璧なんだ”と書いていますよね。」

映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』は2018年8月3日(金)より全国の映画館にて公開中

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』公式サイト:http://missionimpossible.jp/

Source: THR
© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。