Menu
(0)

Search

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』結末、撮影中も決まっていなかった ― サイモン・ペッグが舞台裏語る

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ジャパンプレミア トム・クルーズ、サイモン・ペッグ、ヘンリー・カヴィル、クリストファー・マッカリー監督
©THE RIVER

トム・クルーズ主演映画『ミッション:インポッシブル』シリーズの第5作『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』(2015)は、劇場公開当時、「シリーズ最高傑作」との呼び声も高かった一本だ。しかし、その撮影現場がいわゆる“制作トラブル”に一時見舞われていたことも一部ではよく知られている。

本作の米国公開まで6ヶ月を切っていた2015年2月20日(現地時間)、米The Hollywood Reporterが、脚本・監督のクリストファー・マッカリーやトム・クルーズらが結末に満足しておらず、内容を改善するため撮影を中断していると伝えたのである。結果として、この映画はそれ以上のトラブルに発展せず事なきを得たわけだが、その撮影現場はいかなる状況だったのか……。ベンジー役のサイモン・ペッグが、劇場公開時、米CinemaBlendのインタビューで語っている。

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ジャパンプレミア トム・クルーズ、サイモン・ペッグ、ヘンリー・カヴィル、クリストファー・マッカリー監督
©THE RIVER

「撮影中、この映画の結末は移動祝祭日(編注:年によって日付の変わる祝日のこと)みたいなものでした」
『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』の舞台裏について、サイモンは独特のたとえで明かしている。脚本・監督をクリストファー・マッカリーという一人のクリエイターが務めたこの映画において、なぜ結末がなかなか決まらなかったのか。しかし実際のところ、“一人が務めていたからこそ”結末を決められなかったというべきなのかもしれない。

「最初に脚本はもらったんですよ。だけど、それから脚本家としてのクリストファー・マッカリーと、監督としてのクリストファー・マッカリーが対立して。(監督としては)みんなで結末をどうするかを発見したがっていたんです。なので、撮影がかなり進むまで結末の要点は見えませんでした。(終盤の対決シーンは)脚本になかったものです。だけど、撮影前から脚本にあったものをただ撮るよりも、みんなで作品を進化させるほうを全員が選んだんですよ。」

すなわち『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』は、ハリウッドの大作映画ではおおむね考えられないような、あえて悪い言葉を使うなら“行き当たりばったり”だとも捉えられかねない撮影で制作が進められていったのだ。しかし、それは奇跡ともいうべき成果を見た。サイモンも「怖かったですが、本当に映画のためになったと思います」と振り返っている。

「まるで大規模なアクションシーンに向けて(全体が)組み立てられているような、特殊な作品ですよ。まるでビデオゲームみたいに、ボスがどんどん巨大になっていく。でも面白いですよね。」

なお『ミッション:インポッシブル』シリーズの最新作『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』では、この作品に続いてクリストファー・マッカリーが脚本・監督を担当。「シリーズ最高傑作」と評された前作をしのぐ衝撃の大絶賛を受けている。

映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』は、2018年8月3日(金)より全国ロードショー

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』公式サイト:http://missionimpossible.jp/

Sources: CB, THR

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly