Menu
(0)

Search

「ストレンジャー・シングス」ナンシー役女優のセックス・コメディ、日本公開決定 ─ タイ・シェリダン&アナ・デ・アルマス、ジェイミー・ベルら主演作も登場

Yes, God, Yes
©2020 by Vibe Productions LLC. All Rights Reserved

Netflixオリジナルシリーズ「ストレンジャー・シングス」(2016-)ナンシー役で知られるナタリア・ダイアーが主演を務める、セックス・コメディ映画『Yes, God, Yes(原題)』の日本公開が決定した。2020年5月中旬にTHE RIVERにて紹介するや、にわかに話題を呼んだ一作だ。

あわせて、「ゲーム・オブ・スローンズ」(2011-2019)のエミリア・クラーク主演によるスリラー映画『Above Suspicion(原題)』、タイ・シェリダンアナ・デ・アルマスというフレッシュなタッグによる『The Night Clerk(原題)』、ジェイミー・ベルフランク・グリロ共演の犯罪アクション『Donnybrook(原題)』などの日本公開も決定している。これらは2020年6月19日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷にて開催される、「未体験ゾーンの映画たち 2020 延長戦」のラインナップとして発表されたものだ。公開スケジュールなど詳細は公式サイトをチェックしてほしい。

『ストレンジ・フィーリング アリスのエッチな青春白書』

Yes, God, Yes
©2020 by Vibe Productions LLC. All Rights Reserved

「ストレンジャー・シングス」ナンシー役のナタリア・ダイアーが主演を務めるセックス・コメディ『Yes, God, Yes』が、いかにもという邦題とともに日本公開となる。敬虔なカトリック信者である16歳の少女アリスは、性に興味を持ってしまったことへの償いのため、祈りと瞑想の集いを目的とする宗教信者向けの宿泊施設に入居する……。

米国版特報映像はこちら

『エージェント・スミス』

© 2018 Above Suspicion, LLC
© 2018 Above Suspicion, LLC

原題『Above Suspicion』。『ソルト』(2010)『ボーン・コレクター』(1999)のフィリップ・ノイス監督と、「ゲーム・オブ・スローンズ」エミリア・クラーク主演によるクライム・アクションだ。本作でエミリアが演じるのは、麻薬密売人とFBI情報提供者、2つの顔を持つ“悪女”スミス。ダークヒロインの欲望と復讐を描く。共演には『ベン・ハー』(2016)『アイリッシュマン』(2019)のジャック・ヒューストン。

『ナイト・ウォッチャー』

© 2019 Late Shift, Inc. All Rights Reserved.
© 2019 Late Shift, Inc. All Rights Reserved.

原題『The Night Clerk』。アスペルガー障害を抱える青年バートは、ホテルの夜間受付で働いていた。しかし勤務中に起きた殺人事件に巻き込まれ、第一容疑者になってしまう……。『レディ・プレイヤー1』(2018)のタイ・シェリダン、『ブレードランナー 2049』(2017)のアナ・デ・アルマスという人気俳優がタッグを組み、ジョン・レグイザモ&ヘレン・ハントの名優ふたりが脇を固めるサスペンス。監督・脚本は『ポワゾン』(2001)のマイケル・クリストファー。自身も俳優として活躍している。

『デスマッチ 檻の中の拳闘』

© 2018 Donnybrook Productions, LLC All rights reserved.
© 2018 Donnybrook Productions, LLC All rights reserved.

原題『Donnybrook』。10万ドルを賭け、拳だけで闘う伝説のデスマッチに生死を賭ける男たちのクライム・アクション。主演は『ロケットマン』(2019)のジェイミー・ベルと『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014)のフランク・グリロが務め、共演には『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(2019)やゲーム『DEATH STRANDING』のマーガレット・クアリー。監督・脚本は新鋭ティム・サットンだ。

『KILLERMAN/キラーマン』

Copyright 2019 Killerman Productions LLC.
Copyright 2019 Killerman Productions LLC.

原題『KILLERMAN』。トラブルに巻き込まれ、過去の記憶をなくした男の前に、警察やギャングたちが敵として立ちはだかる。『ハンガーゲーム』シリーズのリアム・ヘムズワース主演、『ジョン・ウィック』の製作陣が放つハイエッジ・クライム・アクション。共演は『ブルックリン』(2015)のエモリー・コーエンほか。

そのほか、『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』(2019)のアレクサンドル・ペトロフ主演によるロシア発スパイ・スリラー『ザ・スパイ ゴースト・エージェント』(原題『THE HERO』)、『ドント・ブリーズ』(2016)のスティーヴン・ラング演じる最強ジジイがジャンキー軍団と激突するバトルアクション『VETERAN ヴェテラン』(原題『VFW』)、オルガ・キュリレンコ&ゲイリー・オールドマン共演の英国発アクション大作『ザ・クーリエ』(原題『THE COURIER』)、マーガレット・クアリーが5年前に死んだはずの恋人の子どもを妊娠する異色スリラー『ストレンジ・アフェア』(原題『Strange But True』)など、うっかり見逃してしまうにはもったいない作品がいろいろ。

「未体験ゾーンの映画たち 2020 延長戦」上映ラインナップは全23作品。各作品の詳細や上映スケジュールは公式サイトにて。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly