Menu
(0)

Search

ハリウッド版『モンスターハンター』米特別映像、リオレウス登場決定 ─ ゲーム版よりも大きい理由とは

モンスターハンター
(c) Constantin Film Verleih GmbH

全世界を熱狂させた日本発の同名ゲームをハリウッド実写映画化する『モンスターハンター』より米国版の特別映像が公開された。

実写映画版『モンスターハンター』では、突如発生した超巨大な砂嵐に遭遇してしまい、獰猛なモンスターたちが支配する謎の世界に飛ばされた国連軍のアルテミス中尉が謎のハンターと手を組み、決死の戦いに挑む姿が描かれる。主演は『バイオハザード』シリーズのミラ・ジョヴォヴィッチが務め、その他には『マッハ!!!!!!!!』シリーズのトニー・ジャー、『ヘルボーイ』シリーズや『パシフィック・リム』(2013)のロン・パールマン、日本人女優・山崎紘菜などが出演する。

今回公開された映像では監督ポール・W・S・アンダーソンが、『モンスターハンター』シリーズの製作者である辻本良三氏と藤岡要氏に、ゲーム版と比較しながら映画版について説明している。前半は既に公開されていた砂漠の暴君「ディアブロス亜種」について説明する姿が捉えられており、後半では炎を身体に纏う空の王者「リオレウス」が登場。「来い!」と叫ぶミラ・ジョヴォヴィッチ演じるアルテミス中尉とリオレウスの直接対決の行方が気になるところだ。

更に映像の中には、古代樹の森を彷彿させる舞台、草食竜「アプケロス」、山崎紘菜が演じる受付嬢、そしてトニー・ジャー演じる謎のハンターがグレイトハンターボウと思われる武器で、「ディアブロス亜種」の角を狙い撃ちする場面まで登場。直撃した矢が爆発するところまでは確認済みだが、果たして角は破壊されているのか……。

ちなみに、映画版の「リオレウス」はゲーム版よりも大きいのだという。ニューヨーク・コミコンにて、ポール・W・S・アンダーソン監督が認めた上で、その背景を説明している。

「私達はリオレウスに餌を与えて育てたと冗談を話していました。ゲーム版で見るリオレウスよりも大きいはずです。その理由は、いくつかのゲームのテーマでもある古代文明に関係しているからですね。実のところ、この大きいリオレウスには秘密が隠されているのです。」

映画『モンスターハンター』は、米国では2020年12月30日に、日本では2021年に公開予定。

Source: Comicbook.com , Screen Rant

Writer

南 侑李
Minami南 侑李

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly