Menu
(0)

Search

ディザスター映画『Moonfall』予告編第三弾が米公開、ローランド・エメリッヒ監督が再び人類を滅亡危機に立たせる

https://youtu.be/ivIwdQBlS10

ローランド・エメリッヒ監督最新作『Moonfall(原題)』より予告編第三弾が米国公開された。『インデペンデンス・デイ』シリーズをはじめ、『デイ・アフター・トゥモロー』(2004)などでおなじみのディザスター映画の巨匠が、再び人類を滅亡の危機に立たせる。

今回公開された予告編は、これまでのものよりストーリーやキャラクターに重きを置いた内容となっており、陰謀論者のK.C.ハウスマンが、月が本来あるべき軌道から外れていて、地球に迫っていることに気づくところから始まる。地球衝突までわずか数週間、世界は滅亡の危機に瀕しているなかハウスマンは、過去を持つ宇宙飛行士、ブライアン・ハーバーとチームを組むことになり、NASAに警告を発していく。そこで出会ったのは、NASAの幹部で元宇宙飛行士のジョー・ファウラーだ。

ジョーがチームに新たに加わり、共に月の状況を調査していくなか、謎の黒い人工知能が関係していることが判明。3人は人類滅亡の危機を救う任務を遂行するため、大切な人たちを地球に残して、月へ向かうことになる。果たして、彼らは人類滅亡の危機を救い、無事に地球に生還することが出来るのか?

キャストには、『X-MEN』シリーズなどのハル・ベリーがジョー・ファウラー役、『死霊館』シリーズなどのパトリック・ウィルソンがブライアン・ハーパー役、「ゲーム・オブ・スローンズ」(2011-2019)などのジョン・ブラッドリーがハウスマン役として名を連ねるほか、『アントマン』シリーズのマイケル・ペーニャ、『アド・アストラ』(2019)などのドナルド・サザーランドらが参加している。脚本はローランド・エメリッヒのほか、『エクスティンクション』(2018)スペンサー・コーエン、『2012』(2009)ハラルド・クローサーが共同担当した。

映画『Moonfall(原題)』は、2022年2月4日に米国公開予定。

あわせて読みたい

Source: Collider

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly