Menu
(0)

Search

【ネタバレ】「ムーンナイト」第1話、『ブラックパンサー』『マイティ・ソー』ネタがこっそり写り込んでいた

ムーンナイト
(C)2022 Marvel

この記事には、「ムーンナイト」第1話『もうひとりの自分』のネタバレが含まれています。

ムーンナイト
(C)2022 Marvel

「ムーンナイト」第1話『もうひとりの自分』は、オスカー・アイザック演じる主人公スティーヴン・グラントの人物紹介とも言えるエピソードであった。国立博物館のギフトショップで働くごく普通の男性に見えるスティーヴンだが、劇中では睡眠障害を抱えていることが判明し、さらにはマーク・スペクターという名の別人格が存在していたことも明かされた。

そんな「ムーンナイト」はMCUの新機軸として早くも人気を博しているが、第1話にはこれまでのヒーローたちがにわかに存在感を示した場面が登場する。10:40あたりから始まるシーンに注目してほしい。夜中、スティーヴンは机に向き合い、エジプト学に関する文献を漁る。目を向けたいのは、机に散在した書物の数々。実はその中に、「What’s Old is New Again: Asgard(古きものは、再び新しくなる:アズガルド)」「History of Wakanda(ワカンダの歴史)」というタイトルの書籍が確認されているのだ(10:59あたり)。

スティーヴンはエジプト学に関する書物に目を通しているようだから、このシーンはいわば『マイティ・ソー』と『ブラックパンサー』のイースターエッグとして捉えた方が良さそうだが、スティーヴンはなぜアズガルドやワカンダといった、これまでのMCUの舞台となってきた地に関する書籍を持っているのか。『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)以降、散り散りとなったアベンジャーズを再び繋いでいくようなトニー・スターク的立ち位置にゆくゆくはスティーヴンがなっていく、というのは考えすぎだろうか。

ちなみに第1話では、今後のMCUを予告するような描写が登場していたとして大きく話題となったシーンがある。上述のシーンの直後、スティーヴンは村らしき場所に飛ばされる。そこが、『ファンタスティック・フォー』のヴィラン、ドクター・ドゥームが統治するラトベリア王国なのではないか、というだ。これについては一つの考察でしかないため真相は定かでないが、最後にはこうした幾つもの謎が実は伏線でした、なんてこともあるかもしれない。

マーベル「ムーンナイト」はディズニープラスで独占配信中。

あわせて読みたい

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly