Menu
(0)

Search

『モービウス』監督、「自分の仕事に誇りを持っています」─ 作品への批判を受けてコメント

モービウス
(C)2022 CTMG. (C) & TM 2022 MARVEL. All Rights Reserved.

『ヴェノム』シリーズにつづくマーベル・ヴィラン映画、『モービウス』が度重なる延期を経てついに公開を迎えた。しかし、米映画評論サイト「Rotten Tomatoes」では、本記事時点で批評家スコアが「16%」となっており、ネガティブなレビューが散見されている。メガホンをとったダニエル・エスピノーサ監督はこの状況を把握しているようだ。

ComicBook.comのインタビューにてエスピノーサ監督は、批評家からの厳しい意見について「あまり気にしすぎないようにしています」と本音をこぼした上で、「友人には、“利口な”意見だけを送ってもらうように頼んでいますと説明している。

批評家からの意見は否定的なものが多いものの、Rotten Tomatoesにおける観客からの評価は、「70%」と概ね好評なものとなっている。エスピノーサ監督によると、「良い意見も、悪い意見も」と両方の意見に耳をしっかりと傾けているとのことだ。一方、Insiderのインタビューでもまた、監督は否定的な評価についての想いを打ち明けていた。

「初めての長編映画を撮ったのは、『Babylon Disease(英題)』という小規模な映画だったんです。お酒を飲み少し酔っていたある日、地下鉄を使って帰宅しているときに、“あなたの長編映画の2番目のシーン、どこが悪かったのか教えてあげます”と、ある人に車内で声をかけられたことがありまして。“まぁ、わかりました”という感じになりました。私が言いたいのは、これだけ公になるようなもの作るのは不思議なものだってことですね。」

「自己嫌悪は大いにあるので、自分の作品に対する批判もたくさんあります」と続ける監督だが、「常に向上させることに努めていますし、自分がやってきたことに誇りを持っています。どの作品にも本当に誇りと感じられるものがありますから」と映画製作への前向きな思いを語った。

『モービウス』は公開中。

Source: ComicBook.com , Insider

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly