Menu
(0)

Search

『マザーレス・ブルックリン』現代に響く、タイムリーな探偵物語 ─ 監督・主演エドワード・ノートン、ウィレム・デフォーら登場の特別映像

マザーレス・ブルックリン
© 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

『ファイト・クラブ』(2000)『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(2014)のエドワード・ノートン監督・脚本・製作・主演、国内外で高い評価を受けるアメリカン・ノワール『マザーレス・ブルックリン』が2020年1月10日(金)に公開される。このたび、ノートンや出演者のウィレム・デフォーらが作品を語る特別映像が到着した。

1957年、ニューヨーク。トゥレット障害の発作に苦しみながらも驚異の記憶力を持つ私立探偵のライオネルは、人生の恩人であり唯一の友人でもあるボスのフランクが殺害された事件の真相を追い始める。ウイスキーの香りが漂うハーレムのジャズ・クラブからマイノリティの人々が集うブルックリンのスラム街まで、僅かな手掛かりを頼りに、彼は天性の勘と抜群の行動力を駆使して大都会の固く閉ざされた闇に迫っていく。やがて、腐敗した街で最も危険な黒幕に辿り着くが……。

今回の映像は、監督・脚本・製作に加えて主人公ライオネル役を演じたエドワード・ノートン、鍵を握る女ローラ役のググ・バサ=ロー、謎を知る男ポール役のウィレム・デフォーへのインタビューと、本編&メイキング映像から構成されている。社会的弱者であり私立探偵というライオネルのキャラクター、ボスの死の真相を探るストーリーをもつ本作は、バサ=ローいわく「ニューヨークの歴史がすべて詰まっている」内容。デフォーは「非常にタイムリーで共感できる。“横暴な政治家とどう闘うべきか”がテーマだ」と言い切った。

映画の根底に存在するのは、ズバリ現代の社会に通じる問題だ。アレック・ボールドウィン演じる権力者モーゼスに、ライオネルたちは立ち向かっていくことになるようだが……。監督はノートンは「映画化できたのは非凡な俳優陣のおかげ」と話し、演出にも熱心に取り組んだ。「自分が生きている時代に響かせる努力をすれば、良い作品になる」。こうノートンが語るように、本作は海外メディアにて「時代物でありながら時事的な映画」「観客を圧倒する演技」「『L.A.コンフィデンシャル』ミーツ『レインマン』」との賞賛を浴びている。

マザーレス・ブルックリン
© 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. PG12

原作は全米批評家協会賞を受賞したジョナサン・レセム著の同名小説。監督・脚本・製作・主演のノートンは、原作小説の「1999年」という時代設定を1957年に変更し、当時の犯罪映画を彷彿とさせる古典的なスタイルで現代の社会問題に繋がるテーマを描いた。ノートンが脚本を執筆するのは今回が初めてで、監督作品も約20年ぶりという渾身の一作だ。

共演者は『ダイ・ハード』シリーズのブルース・ウィリス、『美女と野獣』(2017)ググ・バサ=ロー、『ミッション:インポッシブル』シリーズのアレック・ボールドウィン、『スパイダーマン』シリーズのウィレム・デフォーなど。レディオヘッドのトム・ヨークによるオリジナル楽曲には、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのフリーや、ジャズ界の重鎮ウィントン・マルサリスも参加。なお、音楽のダニエル・ペンバートンはゴールデン・グローブ賞作曲賞にノミネートされている。

映画『マザーレス・ブルックリン』は、2020年1月10日(金)新宿ピカデリーほか全国ロードショー

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly