Menu
(0)

Search

ジェイソン・モモア、ちょうど山頂にいたら『DUNE/デューン』出演オファーの電話がかかってきたので「ドッキリかと思った」

DUNE/デューン 砂の惑星
©2020 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

DUNE/デューン 砂の惑星で、主人公ポール・アトレイデスの兄貴分のような剣士ダンカン・アイダホを演じたジェイソン・モモアドゥニ・ヴィルヌーヴ監督からのオファーが届いた時、なんと山の頂上にいたのだという。米IndieWireで明かしている。

「エージェントから電話がかかってきた時、マジで山頂にいたんですよ。驚きました。“ドゥニ・ヴィルヌーヴが今すぐ話したいそうです”って」。

オーディションもない直オファーだった。「ドッキリかと思いました」とモモア。「彼は今すぐ話したいようです。役をお願いしたいと。詳細はわかりません」と、エージェントは電話口で伝えてくる。

その時モモアは、ヴィルヌーヴの大ファンであると言う親友と一緒だった。「僕たちは山を急いで降りて、部屋に入って彼にFaceTimeをしました」。

画面の向こうのヴィルヌーヴは衣装部屋にいたそうで、「みんながこっちを見てた」とモモア。そのFaceTimeでヴィルヌーヴはモモアに『DUNE/デューン』映画化企画のあれこれを説明し、「まるで僕がピッチを受けているようだった」とモモアは振り返っている。「呆気にとられていました。ダンカン役を演じてほしいというんです。こんなことは初めてでしたよ」。

別のインタビューでモモアは、ヴィルヌーヴから連絡が来た時は「宝くじに当たったかのような気分だった」と喜んだとも明かしていた。そんなオファーを山頂で知らされたというモモア。これが本当の“有頂天”である。

あわせて読みたい

Source:IndieWire

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly