Menu
(0)

Search

ジェイソン・モモア、ちょうど山頂にいたら『DUNE/デューン』出演オファーの電話がかかってきたので「ドッキリかと思った」

DUNE/デューン 砂の惑星
©2020 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

DUNE/デューン 砂の惑星で、主人公ポール・アトレイデスの兄貴分のような剣士ダンカン・アイダホを演じたジェイソン・モモアドゥニ・ヴィルヌーヴ監督からのオファーが届いた時、なんと山の頂上にいたのだという。米IndieWireで明かしている。

「エージェントから電話がかかってきた時、マジで山頂にいたんですよ。驚きました。“ドゥニ・ヴィルヌーヴが今すぐ話したいそうです”って」。

オーディションもない直オファーだった。「ドッキリかと思いました」とモモア。「彼は今すぐ話したいようです。役をお願いしたいと。詳細はわかりません」と、エージェントは電話口で伝えてくる。

その時モモアは、ヴィルヌーヴの大ファンであると言う親友と一緒だった。「僕たちは山を急いで降りて、部屋に入って彼にFaceTimeをしました」。

画面の向こうのヴィルヌーヴは衣装部屋にいたそうで、「みんながこっちを見てた」とモモア。そのFaceTimeでヴィルヌーヴはモモアに『DUNE/デューン』映画化企画のあれこれを説明し、「まるで僕がピッチを受けているようだった」とモモアは振り返っている。「呆気にとられていました。ダンカン役を演じてほしいというんです。こんなことは初めてでしたよ」。

別のインタビューでモモアは、ヴィルヌーヴから連絡が来た時は「宝くじに当たったかのような気分だった」と喜んだとも明かしていた。そんなオファーを山頂で知らされたというモモア。これが本当の“有頂天”である。

あわせて読みたい

Source:IndieWire

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly