Menu
(0)

Search

『DUNE/デューン』剣士役のジェイソン・モモア、忍者と侍ならどっちになりたい?【インタビュー】

DUNE/デューン 砂の惑星
©2020 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

世界中の映画ファンから長いこと期待されてきたSF超大作がついにやってくる。その莫大すぎるスケールゆえに、映像化が最も困難なSF小説と言われ続けてきたフランク・ハーバートによる同名の一大叙事詩を現代で映画化した、『DUNE/デューン 砂の惑星』である。21世紀、ヴィジョンにテクノロジーが追いついた今、新たに映像化に挑んだのは、『メッセージ』(2016)や『ブレードランナー 2049』(2017)などで知られるドゥニ・ヴィルヌーヴ監督だ。

公開を直前に控えた今、その魅力を最大限に味わってもらうため、THE RIVERでは封切り前日(10/14)までの4日間で、監督&主要キャストとのインタビュー、そしてIMAX&4DXを体験した筆者による映画体験レビューをお届けしていく。第3回は、DC映画『アクアマン』シリーズでも知られるジェイソン・モモア。本作では、剣士ダンカン・アイダホを演じているモモアは、テンション高めに世界の記者からの様々な質問に応じてくれた。日本が大好きというモモアは、「侍と忍者だったらどっちを選ぶか?」という究極の選択にも挑んでいる。

▼ 『DUNE/デューン』鑑賞前はコレ

    「超サイコー」だった撮影

    ── 原作を最初に読んだのはいつ頃でしたか?また、原作の何がヴィルヌーヴ監督を惹きつけんだと思います?

    原作を読んだのは監督に会ってからでした。(『DUNE/デューン』の)過去作も見ていませんでした。僕は母子家庭だったので、育ちが人とはちょっと違うんです。『コナン・ザ・バーバリアン』の時も「ゲーム・オブ・スローンズ」の時も出演が決まってから原作を読んでいます。『DUNE/デューン』に関しては、(アレハンドロ・)ホドロフスキーのドキュメンタリーも観たし、『スター・ウォーズ』とか、僕が愛するたくさんの作品をインスパイアしてきた物語だということもそこで知りました。

    僕はとにかくドゥニの大ファンで。彼の手がけてきた作品は全部好きだし、彼がまさか僕のことを知ってくれているなんて思ってもみなかったです。「ドゥニが君と連絡を取りたがっている」と知らされた時は「いやいや、何かの間違いだろ!」と思ったくらいです。「ダンカン役をやってほしい」ということだったんですけど、まるで宝くじに当たったかのような気分だったな。

    今回は、とにかく最高の経験になりました。ハビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリン、ティモシー・シャラメ、オスカー・アイザック、レベッカ・ファーガソンといった超一流が集まったわけですけど、彼らから、父として、人として、俳優として、クリエイターとして多くを学ばせていただきました。「撮影は楽しかった」って誰でも言うことだけど、今回はホントにお世辞抜きで超サイコーな経験でした。作品のスケールも半端なかったし、お金をもらいながらヨルダンに行けましたし。気分は惑星アラキスに降り立ったダンカンそのものでした。だからこうやって記者の皆さんにお話しするのも苦じゃない。

     DUNE/デューン 砂の惑星
    ©2020 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

    ── ヴィルヌーヴ監督はダンカンの人物像をどのように説明してくれましたか?役作りで参考にしたものは?

    サンダンス映画祭の時にFaceTimeで監督とお話しさせてもらって、その時に監督は巨大な「バイブル」を僕のところへ送ってきたんです。作品のありとあらゆるイメージ画像を見ることができました。(劇中に登場する修道女)ベネ・ゲセリットのイメージ画像も彼の想像したものがそのまま描かれていたりもして。だいたい僕のような俳優にこんなバイブルを送りつけてくるなんてびっくりでしたよ。(監督にとって)“これは子どもの頃からの夢だったんだ”ということが伝わってきました。この作品が全てだったんでしょうね。そんなドゥニこそが、僕にとっての全てです。

    ダンカンのキャラクターについては、共感できるところがあまりにも多い。冒険好きで社交的で、酒場でいろんな土産話をするような男なんです。男にも女にも愛されるタイプ。戦いがあれば真っ先に敵に立ち向かうタイプでもあります。

    なかでも、ポールとの関係性に惹かれました。自分の息子(との関係を意識させる)みたいで。あと僕の若い頃の話をすると、周りにはいろんな年上の男性がいて、彼らは僕を正しい方向にリードしてくれた。特に思い出に残っている男が2人いるんですけど、音楽やスケートボード、登山について色々教えてくれたんです。冒険から帰ってくるたびに色々な話を聞かせてくれた。

    Writer

    THE RIVER編集部
    THE RIVER編集部THE RIVER

    THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

    Ranking

    Daily

    Weekly

    Monthly