Menu
(0)

Search

『マトリックス レザレクションズ』キアヌ・リーブス、ビルの46階から20回飛び降りていた

マトリックス レザレクションズ
©2021 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED.

マトリックス レザレクションズ』でシリーズ18年ぶりの復帰を果たしたキアヌ・リーブスは、共演者のキャリー=アン・モスと一緒にビルの46階から飛び降りるアクションに挑戦していたという。

米トーク番組に出演したキアヌは、司会者から「撮影中に行った一番クレイジーな挑戦」を訊かれると、「ビルから飛び降りました」と一言。これに「何階建てだったんですか?」と司会者が返すと、キアヌは「46階くらいだったかな」とサラッと答え、会場を驚かせる。

ビルから飛ぶシーンは、『マトリックス』第1作にも登場する。現実世界に戻ったネオは、モーフィアスとの訓練の中で高層ビル間を飛ぼうとするのだ。『レザレクションズ』でも同様のシーンに挑んだというキアヌとキャリー=アンだが、なぜCG加工やスタントマンによる代役撮影を選ばなかったのか。その理由をキアヌは以下のように明かしている。

ラナ・ウォシャウスキー監督ですし、『マトリックス』ですからね。自然光が必要だったんです。リアルさを追求したいじゃないですか。ワイヤーも付いていましたよ。だから、キャリー=アンと一緒に手を繋いで、建物から飛び降りたんです。

撮影からしばらく経った今でこそ平然とした様子のキアヌだが、飛び降りる“第1回目”は緊張したという。「そこに着くまでに、心拍数も少し上がっていたと思います」と語っている。しかし、驚くべきは次の発言。2回目以降の挑戦についてキアヌはこう振り返る。

「けど、1回やった後に、“恐怖のことは考えちゃいけない。向き合って、集中して、そこに行ってやるだけだ”と思ったんです。最高でしたよ!ビルから飛び降りるなんて信じられますか?」

キアヌによれば、ビルから飛び降りた回数はなんと20回。ビルの46階というと、200メートル以上の高さだが、そこからワイヤー一本でダイブを20回繰り返すキアヌとキャリー=アンの心理状態は計り知れない。

ところでキアヌ、同じく高所から飛び降りるバンジージャンプは苦手なのだそう。「やったことないですし、怖いじゃないですか」と話し、会場を笑わせていた。

 

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly