15歳少女の新アイアンマン名称「アイアンハート」に決定。トニーは人工知能としてアーマーに!

先月上旬に発表されるやいなや、世界中のマーベル・ファンの度肝を抜いた「トニー・スターク引退、アイアンマンの後継者は15歳黒人少女」のニュース。コミック『インヴィンシブル・アイアンマン』誌上での展開だが、今回の交代劇ははっきりとマーベルの正史となる模様だ。

このたびマーベルは、トニー・スタークの後を継ぐ少女リリ・ウィリアムズを主人公とした『インヴィンシブル・アイアンマン』新シリーズの詳細を発表した。

新たな名前は「アイアンハート」

天才少女リリ・ウィリアムズを主人公とする新シリーズのタイトルは、現行シリーズと変わらず『インヴィンシブル・アイアンマン』。新シリーズの始動する2016年11月刊行分でナンバリングがリセットされ、再び「#1」からのスタートとなる。

アイアンマン世代交代のニュースで多くのファンが懸念したのは、おそらく新たなアイアンマンの名前だったことだろう。マーベルは新アイアンマンの名前が「アイアンハート」になると明かしている。「アイアンガール」でも「アイアンウーマン」でもなく「アイアンハート」だ。

『インヴィンシブル・アイアンマン』現行シリーズ、および新シリーズでライターを務めるブライアン・マイケル・ベンディス氏は、この「アイアンハート」というネーミングの理由を語っている。

「“アイアンウーマン”はちょっと時代遅れだし、“アイアンメイデン”だと悪夢を見せるバンドみたいでしょう。“アイアンハート”っていう名前は(元マーベル幹部の)ジョー・ケサダが付けてくれたもの。考えていたリリの物語を、キャラクターの精神性だけじゃなくて『アイアンマン』というシリーズ全体としてジョーに話したんです。そもそもトニー・スタークは自分の心臓を守るためにアーマーを身につけた人物なんです。まったく事情は違いますが、リリもハートに関係する理由でアーマーを着ることになる。彼女の物語を知ったら、このシンプルかつ鮮やかな命名に驚くはずですよ。」

マーベル史に残る事件と言ってよい世代交代だが、作り手たちは慎重に『アイアンマン』シリーズの精神を新シリーズにも継承しようと試みているようだ。しかしマーベルは、アイアンハートの名前よりも大きなサプライズを用意していた……!

トニー・スターク、ジャーヴィスになる?

『インヴィンシブル・アイアンマン』新シリーズに用意された衝撃の展開とは、アイアンハートにトニー・スタークを基にしたAI(人工知能)が搭載されることだ。その経緯は明かされていないが、マーベル編集者のトム・ブリーヴォート氏は「トニーがどこにいようと、その精神はリリと一緒に飛ぶことになる」と述べている。

マーベル・シネマティック・ユニバースのファンなら、映画版に登場する人工知能ジャーヴィスの存在を思い出さずにはいられないだろう。次世代のアイアンマンにトニーが語りかけるという心憎い設定、ぐっと来るというものではないか。

なお「トニー・スターク引退、アイアンマン世代交代」という展開は今のところコミックのみにとどまるもので、映画版が今後どのように展開するかは不明。

『インヴィンシブル・アイアンマン』現行シリーズは今まさに佳境を迎えており、今月刊行された「#12」では、ついにトニーとリリが対面を果たしたという。残り2回で世代交代するという怒涛の展開、自分で読みたくてウズウズしている日本の読者も多いことだろう…!

source: http://www.wired.com/2016/08/marvel-iron-man-new-identity-ironheart/
http://www.newsarama.com/30725-replacement-iron-man-riri-williams-new-name-will-be.html
http://www.comicbookresources.com/article/tony-stark-meets-his-replacement-riri-williams-invincible-iron-man-12

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。

Comments

  • 15歳少女の新アイアンマン名称「アイアンハート」に決定。トニーは人工知能としてアーマーに! | AINOW 2016年11月21日 at 12:46 AM

    […] トニースターク、ジャーヴィスになる?…この記事の続きを読む […]

    Reply