Menu
(0)

Search

ホイットニー・ヒューストン伝記映画、主演に『スター・ウォーズ』ナオミ・アッキーが決定 ─ オーディションでの演技に絶賛票

Naomi Ackie ナオミ・アッキー
Lia Toby/WENN.com 写真:ゼータイメージ

「オールウェイズ・ラヴ・ユー」「アイ・ハヴ・ナッシング」など数々の名曲で知られる歌姫ホイットニー・ヒューストンの伝記映画『 I Wanna Dance With Somebody(原題)』で、ホイットニー役としてナオミ・アッキーが決定した。The Hollywood Reporterが報じた。

ナオミ・アッキーは1992年生まれ、イギリス出身の女優。『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(2019)ではフィンと共に戦うジャナ役を演じた。

映画『ボディガード』(1992)でも知られ、音楽界の伝説的存在として愛されるホイットニー・ヒューストンの生涯を描く『 I Wanna Dance With Somebody』で脚本・製作を手掛けるのは、同じくアーティストの伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』(2018)のアンソニー・マクカーテン。

監督には、交渉中と伝えられていた気鋭のフィルムメーカー、ステラ・メギーが就任したようだ。『エブリシング』(2017)や『ザ・フォトグラフ(原題:The Photograph)』(2020)などを手がけている。

メギーはナオミ・アッキーの就任について、オーディションにおける「全てのステージにおいて感激させられました。世界的アイコンとしてのステージ上での振る舞い、それと同時に彼女の内なる人間性を捉える能力に感動しました」と絶賛のコメントを寄せている。

無名だったホイットニーを発掘した名音楽プロデューサーのクライヴ・デイヴィスも製作に参加。デイヴィスもオーディションを振り返り、ナオミ・アッキーはホイットニーの「独自の魅力、スター性、そしてもちろん、一個人としての葛藤」を素晴らしくとらえていたと絶賛し、「彼女以外の選択は考えられない」とコメントしている。

製作は米ソニーで、2022年の感謝祭(11月下旬)の公開を予定している。

Source:THR

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly