Menu
(0)

Search

ネカ製『プレデター』アクション・フィギュアに初の“女性ハンター”登場!その名も「野口真千子」

『プレデター』シリーズや『エイリアン』シリーズなど、数々のアクション・フィギュアで知られる米国のライセンス・グッズ企業ネカ(NECA、National Entertainment Collectibles Association)から、ダークホースコミックス (Dark Horse Comics)版『プレデター』の最新アクション・フィギュア情報が公開された。

しかも今回、新たにリリースが発表されたアクション・フィギュア3体の中には、ネカ初となる女性ハンター、「野口真千子(Machiko Noguchi)」が含まれているのである!

野口真千子とは?

「Da’dtou-di(小さなナイフ)」こと野口真千子は、植民惑星リュシ(Ryushi)にあるプロスペリティ・ウェルズ・コロニー勤務のチグサ・コーポレーションの従業員だったのだが、彼女がちょうどコロニーで働き出した頃、Yautja(コミック版で登場する半公式的なハンターの種族名称)のグループと彼らが解き放った『エイリアン』でお馴染みの生物ゼノモーフがコロニーを襲撃し、住民は殺されコロニーは崩壊してしまう。

しかしこの事件で唯一生き残った真千子は、Yautjaのひとりで「ブロークン・タスク(牙折れ)」と呼ばれるハンターの尊敬を集め、彼らの一族と行動を共にすることになるのだ。彼女の持つ「Da’dtou-di(小さなナイフ)」という名は、このブロークン・タスクから与えられている。

ちなみに以下の写真は、イタリア人コスプレイヤー、シヴァさんによる野口真千子のコスプレである。

余談だが、リュシの植民地を管理していたチグサ・コーポレーションは名前からわかるように日系の企業であり、『エイリアン』シリーズに登場するウェイランド・ユタニのライバル企業だとされている。また真千子も同じく日系人であり、女性ハンターというだけではなく、日系女性ハンターというなかなかレアな存在である。ちなみに彼女の父親である野口アキラは、勤務先の企業で起こした不祥事により会社を解雇された末に割腹自殺をし、母のケイコはアキラの死後再婚して真千子の元を去っているそうである。影のある過去を持つ女性だということだ……。

最新『プレデター』シリーズのラインナップ

それでは今回発表された『プレデター』のアクション・フィギュアをご紹介しよう。リリースされるのは全部で3体、前述のブロークン・タスク、野口真千子、そしてホーンヘッド(Hornhead)である。

Predator – 7″ Scale Action Figures – Series 18 Assortment
http://necaonline.com/2017/06/predator-7-scale-action-figures-series-18-assortment/

ブロークン・ダスクとホーンヘッドは直立の高さが8インチ(約20センチ)、そして野口真千子は6.5インチ(約17センチ)となっており、それぞれには脱着可能なマスクが付属している。またブロークン・ダスクには銃と長さ12インチ(約30センチ)にもなる武器、野口真千子には交換可能な手とライフル・アクセサリー、そしてホーンヘッドには背中の鞘に収まるソード・アクセサリーが用意されている。商品の詳細に関してはコチラからどうぞ。

Predator – 7″ Scale Action Figures – Series 18 Assortment
http://necaonline.com/2017/06/predator-7-scale-action-figures-series-18-assortment/

というわけで、3体いずれも洗練された造形ではあるが、もしこの中でどれかひとつしか手に入らないとしたら、当然、野口真千子であろうと、個人的には勝手に思っている。“野口真千子”愛好家の方は、日本で入手可能となる日を心待ちにしていただきたい。

なお本商品の米国でのリリースは2017年11月を予定されているとのことである。

source: http://necaonline.com/2017/06/predator-7-scale-action-figures-series-18-assortment/
http://avp.wikia.com/wiki/Machiko_Noguchi
Eyecatch Image: http://necaonline.com/2017/06/predator-7-scale-action-figures-series-18-assortment/

Writer

Mujina
MujinaMujina Tsukishiro

普段はあまり摂取しないコーヒーとドーナツを、無駄に欲してしまう今日この頃。You know, this is - excuse me - a damn fine cup of coffee.

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly