Menu
(0)

Search

Netflix、ゲーム分野に本格進出へ ─ サービスは追加料金なしで提供

Netflix

2021年7月中旬、EAやFacebookの元幹部を採用し、ゲーム分野への本格進出が囁かれていたNetflix。このたび同社は投資家向けの決算資料にて、ゲーム分野への参入について明らかにした。

公開された決算資料では、Netflixによる『ブラック・ミラー:バンダースナッチ』(2018)といったインタラクティブコンテンツや、オリジナルドラマシリーズ「ストレンジャー・シングス」(2016-)のゲーム版を基盤として、ゲーム分野への参入の初期段階にあると伝えられている。Netflixのオリジナルコンテンツであるアニメや映画と同様に、当社の新たなコンテンツ・カテゴリーになることをゴールとしているとのことだ。

気になるのは、Netflixによる独自の端末機が開発されるのか否かだが、この度の資料によると、モバイル向けを中心に展開されていく模様。それも会員には追加料金なしで提供されるという。新たな端末機などが開発されるのではなく、Netflixのアプリ内などで遊べるようになるのかもしれない。全世界で2億人以上の会員数を誇る同社が、ゲームを無料で提供するともなれば、ゲームファンのユーザーにとってはメリットしかないはずだ。ゲームに普段触れてきてない人にとっても、そのジャンルに浸かるきっかけとなるだろう。

ちなみにゲーム分野への本格的な参入を試みているのは、Netflixだけではない。Amazonはクラウドゲームサービス「Amazon Luna」の開発を進めており、Googleもまたクラウドゲームサービス「Stadia」を展開している。果たして、Netflix、Amazon、Googleはゲーム分野に革新をもたらすことは出来るのか。今後の動向にも引き続き注目したい。

あわせて読みたい

Source: Netflix

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly