Menu
(0)

Search

Netflixドラマ『ゲットダウン』シーズン1で製作打ち切りへ!バズ・ラーマン監督がコメントを発表

1970年代のニューヨークを舞台にヒップホップの誕生を描く、Netflixドラマ『ゲットダウン』がシーズン1のみで製作打ち切りとなったことがわかった。同作は『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン監督による初めてのドラマ・シリーズとして注目されており、2017年4月にシーズン1のパート2が配信されたばかりだった。

本作『ゲットダウン』は、Netflixとソニー・ピクチャーズ・テレビジョンが共同で製作したもの。シーズン1の製作費は1億2,000万ドルで、これはNetflixで配信されているドラマ・シリーズとしては最も高額だという。

しかし本作は、シーズン1の時点からトラブルの絶えない作品でもあった。製作現場の混乱ぶりは、脚本家とショーランナーが製作中に交代し、必然的に生じたスケジュールの遅延を乗り切るべくシーズン1(全12話)をパート1、パート2に6話ずつ分けて配信したことからも容易に想像できるだろう。しかし、そうしたコストに対して視聴率はふるわず、シーズン1のパート1は人気ドラマ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』シーズン4の約5分の1しか視聴されなかったという。

バズ・ラーマン監督によるコメント

『ゲットダウン』の製作を務めるバズ・ラーマンによると、すでにシーズン2の準備はスタートしていたようだ。しかしシーズン2にラーマンが全面的に携わることは難しく、これが製作打ち切りの大きな理由となったという。打ち切りの発表後、ラーマンは自身のFacebookにコメントを投稿している。

コメントの全文をご紹介することは長文のため差し控えるが、ここでラーマンは『ゲットダウン』打ち切りの背景を少しだけ語っている。

「『ゲットダウン』を実現するため、私自身が(製作の)中心になる場合、私は監督する映画を少なくとも2年は延期しなくてはなりません。作品の素晴らしいパートナー・サポーターであるNetflixとソニーにとっては、この独占性こそがもちろん重要でした。自分自身を2つに切り分けて、両方のプロダクションで使えるようにすることはできません。[中略]ただし答えは簡単です。私は映画を撮ります

おそらく『ゲットダウン』シーズン1の製作トラブルなどを踏まえて、Netflixとソニーは、シリーズのクオリティを保証するためラーマンにシーズン2への全面関与を求めたのだろう。しかしラーマンは映画監督としての新作を準備しており、そこでスケジュールの折り合いがつかなかったということのようだ。鳴り物入りで始まったシリーズだけに、こんなに早く打ち切られるとは実に残念である。

ドラマ『ゲットダウン』はNetflixにて配信中

[vc_row][vc_column][fav-module-8 tag_slug=”netflix” sort=”random_posts” hide_title=”show_title” hide_meta=”hide_meta” posts_limit=”20″ custom_title=”Netflix” custom_url=”https://theriver.jp/tag/netflix/” slider_post_row=”4″ slider_auto=”true” stop_on_hover=”true” navigation=”true” touch_drag=”true” slide_loop=”true” rewind_nav=”true” lazy_load=”true” module_meta=”false” author_name=”1″ time_diff=”1″ post_date=”0″ post_time=”0″ post_view_count=”1″ post_comment_count=”1″ text_align=”” module_bg=”” module_padding=””][/vc_column][/vc_row]

Source: http://deadline.com/2017/05/the-get-down-canceled-netflix-one-season-1202102024/
http://deadline.com/2017/05/baz-luhrmann-the-get-down-cancellation-netflix-1202101854/
http://variety.com/2017/tv/news/the-get-down-canceled-1202443885/
Eyecatch Image: https://www.amazon.co.jp/GET-DOWN-DELUXE-EDITIO-V/dp/B01HUDH7OG/

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly