Menu
(0)

Search

Netflixが米国で価格改定、ベーシック13.99ドル・プレミアム17.99ドルに

Netflix

Netflixは、米国の会員向けにスタンダードプラン・プレミアムプランの価格を改定することを発表した。スタンダードプランは12.99ドルから13.99ドルへ、プレミアムプランは15.99ドルから17.99ドルへの値上げとなる。なお、ベーシックプランの価格は8.99ドルのままで変更はない。

2020年10月29日(米国時間)をもって価格改定は行われており、米国の新規会員は新価格での契約となる。既存の会員に対しては、各々の支払いサイクルに応じ、今後数週間にわたってメールやアプリを通じて新価格が通知されるとのこと。Netflixは価格を国ごとに決定しているため、広報担当者は「米国の価格改定は、世界の価格に影響するもの、また世界規模の価格改定を意味するものではありません」とのコメントを発表している。

米国での価格改定にあたり、Netflixは「エンターテインメントの選択肢が従来より増えている今、会員の皆様によりよい体験をお届けすることに尽力いたします。価格を改定することで、よりバラエティに富んだテレビ番組や映画を提供しつづけることができます」との声明を発表。なお、10月21日には2020年第3四半期(7~9月)の決算が発表され、有料会員数が全世界で1億9,500万人を達成、今期の新規有料会員数が220万人増加したことが明かされていた。ただし、一方で「昨対比で成長は鈍化した」とも告知されており、こうした状況や社会情勢が影響を与えた可能性は十分考えられる。

なお日本におけるNetflixの価格は、ベーシックプランが800円、スタンダードプランが1,200円、プレミアムプランが1,800円。

Sources: Variety, Verge

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Tags

Ranking

Daily

Weekly

Monthly