ベン・アフレック主演・監督の新映画『バットマン』は精神病院アーカム・アサイラムが舞台との噂

気になる噂が飛び込んできた。『DCエクステンデッド・ユニバース』作品の1本として製作される、ベン・アフレック主演・監督による新『バットマン』の舞台は精神病院アーカム・アサイラムだというのだ。

アーカム・アサイラムとは?

アーカム・アサイラムとは『バットマン』シリーズに登場する精神病院のこと。『バットマン』シリーズの凶悪犯は、刑を受ける代わりにアーカム・アサイラムに収容されるため、刑務所としての機能を実質的に果たしている。ストーリーの主な舞台となるゴッサム・シティの付近に位置する設定だ。

アーカム・アサイラムを舞台としたゲーム版『バットマン』もある。 http://www.gamespot.com/articles/batmans-arkham-asylum-recreated-with-18000-lego-pi/1100-6434129/

アーカム・アサイラムを舞台としたゲーム版『バットマン』もある。
http://www.gamespot.com/articles/batmans-arkham-asylum-recreated-with-18000-lego-pi/1100-6434129/

新『バットマン』の舞台がアーカム・アサイラムになるという噂は、Batman-On-Film.comが独自に入手し報じたものである。いわく、バットマンがアーカム・アサイラムに閉じ込められる展開になるということだが、もちろん今のところ真相はわからない。しかし以前から、新『バットマン』にはヴィランが大勢登場するという噂がささやかれてきた。物語の舞台がアーカム・アサイラムならば噂のつじつまが合うというわけだ。

ベン・アフレックは新『バットマン』で脚本も手がけている。そのアフレックは、新『バットマン』が「オリジナル・ストーリーになる」とかつて発言した。とはいえ、ストーリーの要素は「素晴らしいコミックの数々から借りてくる」ということだ。アーカム・アサイラムが舞台なら、グラント・モリソン作/デイブ・マッキーン画による名作コミック『バットマン:アーカム・アサイラム』が物語のベースになっている可能性もあるだろう。

新『バットマン』は2019年までに公開予定。続報を待とう。

source: http://www.batman-on-film.com/batman-on-film_solo_batfleck_rumor_set-in-Arkham_7-15-16.html

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。