Menu
(0)

Search

新ゴーストライダー、単独作品の企画が進行中!製作会社の壁を超え、まさかのNetflix配信か

燃え上がる炎に包まれたダークヒーロー、ゴーストライダーがついに単独作品で帰ってくる…かもしれない。もちろん主人公はドラマ『エージェント・オブ・シールド』シーズン4に登場しているロビー・レイエス(ガブリエル・ルナ)だ。今回の情報はルナ自身がインタビューで明かしたものである。

アメリカで放送中の『エージェント・オブ・シールド』シーズン4では、すでに新ゴーストライダーが活躍を見せている模様。ゴーストライダーとなるロビー・レイエスは、コミックでは“4代目ゴーストライダー”にあたるキャラクターだ。かつての映画版でニコラス・ケイジが演じたジョニー・ブレイズとは別人だが、今回マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に参入したことで、“MCU公式”ゴーストライダーはレイエスとなるのだろう。

まさかのNetflixドラマ化か?

レイエス役のガブリエル・ルナは、Comicbook.comに対して、新ゴーストライダーの単独作品化についてこう語っている。

「僕自身に希望はないよ。(関係者の)みんなは“ああ、彼は主役にしてもいいね”って話してるし、アイデアもあるけどね。映画もありえるし、Netflixかもしれない。どちらでもいいよ」

これは何気に衝撃的な発言だ。新ゴーストライダーがABC製作の『エージェント・オブ・シールド』で初登場した以上、彼の単独作品は『エージェント・オブ・シールド』のスピンオフとなるはず。しかしゴーストライダーの単独作品がNetflixに登場するとなると、彼はデアデビルやジェシカ・ジョーンズら『ディフェンダーズ』チームに近い存在となる。いよいよMCUはABCとNetflixという「製作会社の壁」をも突破してしまうのか?

なおマーベルは「ゴーストライダー」単独作品の計画をすでに進めているほか、ルナも「(単独作品の)可能性を含めて契約した」と語っており、単独作品についての発表もそう遠くはないかもしれない。もっとも演じるルナ自身は、この動きをかなり冷静に捉えているようだ。

「僕が一日に、一度に撮れるのはひとつだけだ。今は(『エージェント・オブ・シールド』の)エピソードを正しくやれてるかを確かめたいし、それがとても楽しい。もし(マーベルの)みんなが、より多くのエピソードを任せてくれるなら、僕は同じようにベストを尽くすよ」

実現すればとても楽しみな新「ゴーストライダー」単独シリーズだが、ひとまず待ち遠しいのは彼の初登場となる『エージェント・オブ・シールド』シーズン4の日本放送だ。一刻も早い上陸を!

[vc_row][vc_column][fav-module-8 tag_slug=”ゴーストライダー” sort=”random_posts” hide_title=”show_title” hide_meta=”hide_meta” posts_limit=”12″ custom_title=”ゴーストライダー” custom_url=”https://theriver.jp/tag/ゴーストライダー/” slider_post_row=”4″ slider_auto=”true” stop_on_hover=”true” navigation=”true” touch_drag=”true” slide_loop=”true” rewind_nav=”true” lazy_load=”true” module_meta=”false” author_name=”1″ time_diff=”1″ post_date=”0″ post_time=”0″ post_view_count=”1″ post_comment_count=”1″ text_align=”” module_bg=”” module_padding=””][/vc_column][/vc_row]

source: http://comicbook.com/2016/11/09/ghost-rider-netflix-series-gabriel-luna/
Eyecatch Image: http://screenrant.com/agents-shield-season-4-video-ghost-rider-threat/

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly