アメコミの巨匠スタン・リー、御年93歳にして新たなヒーロー・シリーズ『ニトロン』をコミック・映画・テレビでクロスメディア始動

かつてマーベル・コミックで社長兼会長を務めたアメコミ原作者の巨匠スタン・リーが、御年93歳にして新たなプロジェクトに着手した。コミック・テレビ・映画など複数のメディアで活躍する新たなスーパー・ヒーローを誕生させるというのだ。

スタン・リー。ほとんどのマーベル映画に出てくるおじいちゃんである。 http://tvdaily.com/the-luckiest-man-6-of-stan-lees-best-cameos/

スタン・リー。ほとんどのマーベル映画に出てくるおじいちゃんである。
http://tvdaily.com/the-luckiest-man-6-of-stan-lees-best-cameos/

新ヒーロー『ニトロン』

スパイダーマン、アイアンマン、マイティ・ソー、ハルク。いまや知らない者はいないほどのメンバーが誕生する背景には、スタン・リーの存在があった。現在もなお精力的に活動するスタン・リーが次に発表するヒーローの名前は「ニトロン」だ。高い知能を持ち、優れた進歩を果たした種族「ニトロニアン」が現代の地球にひそかに暮らしている……という設定の物語になるという。

コミックのタイトルは主人公の名前を冠した『ニトロン』で、2017年1月より全6巻のシリーズが月刊でスタートする。『ニトロン』はコミックのみならず、すでにテレビや映画、デジタル・メディアへの展開が予定されているようだ。

『ニトロン』にはスタン・リーのほか、ドキュメンタリーの構成・演出を手がけるケヤ・モーガンと、『欲望のバージニア』などでプロデューサーを務めたマイケル・ベナローヤが参加している。ベナローヤは『ニトロン』に5千万ドルを出資しており、映画・テレビは自身の製作会社「ベナローヤ・ピクチャーズ」が、コミックの出版は「ベナローヤ・パブリッシング」が担当するようだ。

ベナローヤは、シェイクスピアの『シンベリン』を翻案した『アナーキー』(2014年)でもプロデューサーを務めている。 http://www.wearemoviegeeks.com/2014/09/cymbeline-first-trailer-stars-ethan-hawke-ed-harris-milla-jovovich-john-leguizamo-dakota-johnson-anton-yelchin/

ベナローヤは、シェイクスピアの『シンベリン』を翻案した『アナーキー』(2014年)でもプロデューサーを務めている。
http://www.wearemoviegeeks.com/2014/09/cymbeline-first-trailer-stars-ethan-hawke-ed-harris-milla-jovovich-john-leguizamo-dakota-johnson-anton-yelchin/

スタン・リーは『ニトロン』について「ベナローヤ、モーガンとパートナーになれたことをうれしく思うよ。みんなが『ニトロン』の素晴らしい世界を探検してくれることに興奮している」と話している。なおスタン・リーはすでに自身の会社を設立しており、『ニトロン』はマーベルとは無関係の作品となる模様だ。

『ニトロン』の日本上陸については不明。まずはどんなビジュアルのヒーローが登場するのか、その続報を待ちたい。

source: http://variety.com/2016/film/news/stan-lee-comic-book-franchise-nitron-1201817889/

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。